ABV アメリカンレストラン


電話番号1:+886-2-2721-6067
電話番号2:+886-2-2721-6007
住所:No. 16, Lane 236, Section 1, Dunhua South Road, Taipei City
営業時間:日曜日~月曜日 PM12:00~AM1:00
MRT駅:Zhongxiao Dunhua MRT Station Exit 6

ABV アメリカンレストラン


電話番号1:+886-2-2721-6067電話番号2:+886-2-2721-6007住所:No. 16, Lane 236, Section 1, Dunhua South Road, Taipei City営業時間:日曜日~月曜日 PM12:00~AM1:00MRT駅:Zhongxiao Dunhua MRT Station Exit 6

ブランチ

Bussiness Brunch

アメリカ風焼きミートローフブランチ
Planked Meatloaf Brunch

アメリカンミートローフは挽肉とコーンミールの混合物を起源して、挽肉と他の材料を混ぜ合わせてパンの形にし、そして、焼いたり燻製したりして作られた料理です。1840年代とき、ドイツの発明家カール・ドレスは肉挽き器を発明した後、ミートローフの普及に助けました。1929年から1939年まで、ミートローフは多くのアメリカ人の食事の主食になりました。1950年代までに、ミートローフはが流行しました。アメリカの典型的なコンフォートフードと考えられており、アメリカ人の7番目に好きな料理です。

ニュー メキシコス風豚の煮込みブランチ
“Carne Adovada”New Mexico-Style Pork Stew Brunch

Carne adovadaはニューメキシコ州のおすすめの料理です。この料理は豚肉をadoboというソースに漬けた後に煮ます。
ニューメキシコ州では、Carne adovadaは朝食のメニューでよく見られます。これはニューメキシコ州で最高な料理の一つです。一日中にどんな時間でも食べられます。どんな時間でたべてもトルティーヤと一緒に食べられます。

アメリカ風辛い豆ビーフチリブランチ
“Chili” Black Bean and Beef Chili Brunch

チリの起源について確かな唯一のことは、それがメキシコに起源を持っていなかったということです。豆をチリミートソースに加えるかどうかは議論の一つですが、支持者は豆入り唐辛子は長い歴史があり、本物と見なすことができると信じています。どうしても、ABVの「チリ」アメリカンチリビーフソースは、豆、牛ひき肉、キドニービーンズ、ハバネロ、さまざまな香辛料をスパイシーに煮込んだ良いが味です。

“ハングタウンフライ”オイスターオムレツブランチ
“Hangtown fry” Oyster Omelet Brunch

カリフォルニア州の代表的な料理です。 この料理はアメリカのゴールドラッシュ時期に鉱夫が発明した料理。お金の力を示す為に、キッチンに最も高価な料理を用意させられ、そんな中、採鉱エリアまで卵は慎重に運ぶ必要があった為、当時では一番高価な食材でした。特に東海岸やサンフランシスコから採鉱エリアまでは100kmも超え、ベーコンやカキを輸送する際は冷蔵状態を保つために大量な氷を使って運んでました。

“フリコカルド” コロラド風ポテトケーキブランチ
“Frico Caldo” Colorado Style Potato Cake Brunch

コロラド州の“フリコカルド”ポテトパイは、最初イタリアからアメリカに導入されました。メイン材料はじゃがいもと玉ねぎに濃厚なシェリービネガーで出来上がったバニラソースで香りを引き立て、サクサク感を出すだけでなく、ポテトの香りが強いのが特徴です。

“ホットディッシュ” ミネソタビーフとテイタートッツのキャセロールブランチ
“Hotdish” Minnesota Beef and Tater Tots Casserole Brunch

ホットディッシュはアメリカの中西部で生まれた料理です。農婦がお金を節約するために発明した最初の料理でした。 ABVは最も典型的な牛ひき肉、ベーコン、チーズなどを厳選し、さらに伝統的なパスタをポテトボールに置き換え、シンプル料理でもコクのある味を引き立てる。また、この料理の魂となる「スープ缶」は、 キノコホワイトソースで仕上がります。

ポケ ブランチ
Poké Brunch

アメリカから3,700キロ離れたハワイは、アメリカ領土の一部になったとはいえ、ポケは2つの音節で発音され、ポーケとよみ、切身のことです。その起源は、地元の先住民漁師による生魚の調理方法から遡ることができます。生魚をひと口大に切り、ソースに漬けてご飯に載せて食べます。早期はサンゴの小魚やタコを捌き食べましたが、日本人移民の到来とともにマグロが流行し、アメリカ西海岸に広まるときはさらにサーモンとアボカドが主流になりました。ABVアメリカンレストランでは【ハワイポケ】はサーモン、マグロ、辛味付きマグロ、スモークサーモンの4種類が選べます。アボカド、コーン、青ネギと一緒に組み合わせて召し上がって下さい。

カロライナエビとグリッツブランチ
Carolina Shrimp and Grits Brunch

新鮮な海老とコーン粥(グリッツ)のセットです、南カロライナ州から起源し、当時奴隷のように働かせれる人の心に慰めさせる食べ物であった。1990年代中ごろ、北カロライナ州チャペルヒルのコックーーBill·Nearは海老とグリッツの調理の変化によって、豊かな、高級な料理にさせた!ABVで、海老とグリッツをベーコン、cajun香料、パプリカを組み合わせて、シェフNearのバージョンを再現し、食卓で呈する!アメリカンコーヒーや紅茶に合わせてお選びいただけます。

フライドチキンにメープルシロップワッフルブランチ
Chicken and Waffle Brunch

昔から人気があるフライドチキンワッフルは、アメリカ南部で特有な食べ方です。骨なしの鶏もも肉の塊をサクサクに揚げ、鶏肉本来の濃厚な肉汁を保持した為、噛んだ食感も非常に柔らかいです。焦げ茶色ガリガリと仕上がったワッフルがカスタード香りが広げる。メープルシロップをかけたらマッチング度が急上昇し、まさにアフタヌーンティーのファーストチョイスです。アメリカンコーヒーや紅茶に合わせてお選びいただけます。

ルイビルホットブラウンサンドイッチブランチ
Louisville Hot Brown sandwichBrunch

ホットブラウンウェットサンドイッチは、1926年にケンタッキー州のブラウンレストランのシェフ、フレッドK.シュミットが夕食晩餐とダンス後の夜にお客様に提供していました。 サンドイッチには、チキン、ハムとベーコンにホワイトチーズソースをかけ、パンの片面を柔らかくサクサクになるまで焼き、視覚と味の二重のごちそうを感じられる一品です。アメリカンコーヒーや紅茶に合わせてお選びいただけます。

アメリカンバーベキュー

American Barbecue

アメリカ風焼き手羽先
American Roast Turkey Wing

今回は七面鳥を丸ごと食べずに、一人で焼き手羽中に楽しむことができます。柔らかくてジューシーで、クランベリソースをかけて、菓実の香りがします。テネシーウィスキーソースを合わせて肉質の風味をアップさせます。テキサスログソースを組み合わせてオリジナルバーベキュー風を感じます。カロライナソースを組み合わせて味蕾を刺激し、一口ずつ食べて、くどくないです。

スモークビーフリブ
Smokey Beef Ribs

牛あばらは豚あばらより更にハードルの高いチャレンジである。牛あばらは軟骨と脂肪に富んでいるため、柔らかく分離まで焼きのが必要です、それから、分離した脂肪を肉汁に製錬する。ABVは伝統のやり方に沿って、乾燥漬けの方法でビーフリブを作る。コーヒー粉を主として、作ってきたコーヒー香料は、ビーフリブを組み合わせたら、必ず相性抜群な美味に変化する。

ニューオーリンズスタイルチャーブロイルオイスター
New Orleans Style Charbroiled Oysters

アメリカ版の炭火焼牡蠣である、多数の見解はこの料理の発明者がニューオーリンズのDrago’s seafoodレストランを起源とした。その中の主事ーーTommyは、炭火焼牡蠣の牡蠣汁にバター、にんにく、バニラ、チーズなどを混ぜて、そして続き焼いたら、できた料理がすごく美味しかった。そこで、今のABVで、わたしたちは牡蠣を焼くとともに、味が濃いにんにくバニラバターソースと、クラシックCajunという香辛料を組み合わせて、味がすごく合っている。

クラッシクオイスターロックフェラー
Classic Oysters Rockefeller

1899年、レストランAntoine’sのシェフーーJulesは、エスカルゴの輸入不足の代わりに、牡蠣を使用して、オードブルとして開発できた。牡蠣の緑ソースの風味が、舌でたくさん要素を味わえたから、人によって「この料理を食べると ロックフェラーみたいリッチな味がする!」と述べられました。それ故、当時世界最大の富豪であった「ロックフェラー」になぞらえて、名づけた。

ポークリブバーベキュー
Barbecued Pork Rib

ABV独特のマリネでポークリブを低温オーブンでグリルし、肉は柔らかく、味は甘くて、超ジューシー。そのような魅力的な味は、アメリカドラマハウス・オブ・カード 野望の階段のケヴィン・スペイシーを夢中にさせます!コクはあるのに甘すぎずテキサス流バーベキューソース/テネシーウイスキーバーベキューソース/カロライナスパイシーバーベキューソースと組み合わせることができます。

ビーフブリスケットバーベキュー
Barbecued Beef Brisket

ABVアメリカンレストランでは、一般のレストランではあまり見かけない牛すじが登場します。牛すじの脂肪は存在感なくしてはなりませんが、赤身の部分が乾燥していてはいけません。我々は脂や赤身の部分をバランス良く召し上がれるように、最適な時間で調理してます。コクはあるのに甘すぎずテキサス流バーベキューソース/テネシーウイスキーバーベキューソース/カロライナスパイシーバーベキューソースと組み合わせることができます。

バーベキュープルドポーク
Barbecued Pulled Pork

ABV特製のアメリカンマリネを使用し、長時間マリネした後、低温オーブンで豚肉をじっくり焼き上げます。豚肉の柔らかい肉質を保持するだけでなく、豚肉を裂いても、ジューシーで肉の食感をたっぷり味わえる。コクはあるのに甘すぎずテキサス流バーベキューソース/テネシーウイスキーバーベキューソース/カロライナスパイシーバーベキューソースと組み合わせることができます。

アラバマホワイトソースチキンバーベキュー
Barbecue Chicken with Alabama White Sauce

風味豊富なアラバマホワイトソース(Alabama white sauce)は、酸っぱさ、辛さのほかフルーティー、フルーツ酸とマヨネーズをベースにした、バーベキューに最適なバーベキューソース。酸味と少しのスパイシーによって、ローストチキンをラフで繊細な味わいに仕上げました。

手作り“ホットリンク”ルイジアナスパイシーソーセージ
“Hot Link” Louisiana Spicy Sausage

歯ごたえはドイツソーセージのような挽肉ではなく、肉の塊を味わうスパイシーソーセージです。スパイシーソーセージの味は、米国南部代表的なケイジャン料理で使用する香辛料です。 ABVの手作りソーセージは、豚肉だけでなく、玉ねぎ、セロリ、香辛料、ハラペーニョも使用しており、風味豊かです。

“バーベキューフィッシュ”ケイジャンローストフィッシュ
“Blackened Fish” Cajun Style Roast Fish

ケイジャンローストフィッシュはアメリカで有名な郷土料理です。”ケイジャン”を使った調味を指します。数多く香辛料によって、魚の皮は黒焦げの焦げ茶色で、味はやや辛く少々酸味があります。世代を問わず美味しい一品です。

トマホーク/ターキー

Tomahawk Steak/American Roast Turkey

トマホークステーキ
Tomahawk Steak

トマホークステーキとは英語で「斧」のこと。斧と名付けられたのは英語の語意のほか、外形から斧を連想させることから「トマホークステーキ」と名付けられました。ふっくらとした柔らかいリブロースの部位。骨付きの特色でリブロースを焼くときに濃厚なステーキな香りを引き出す。クラシックなアメリカンバーベキューの風味と豪快なボリューム、脂肪と柔らかい肉のブレンドから、このような旨味がまた高級レストランには欠かせない一品とします。

アメリカンローストターキー
(12ポンド)
American Roast Turkey

ローストターキーを召し上がりたいときはサンクスギビングまで待たなくていい。米国から厳選されたターキーは、シェフの特製なマリネでベーキングします。ターキーの表面は金色と光沢が出るまでローストされ、肉は柔らかくジューシーです。味付け野菜もチキン汁による染み込んでチキンの香りをもたらしてます。

カントリー料理

American Country Food

アメリカ風焼きミートローフ
Planked Meatloaf

アメリカンミートローフは挽肉とコーンミールの混合物を起源して、挽肉と他の材料を混ぜ合わせてパンの形にし、そして、焼いたり燻製したりして作られた料理です。1840年代とき、ドイツの発明家カール・ドレスは肉挽き器を発明した後、ミートローフの普及に助けました。1929年から1939年まで、ミートローフは多くのアメリカ人の食事の主食になりました。1950年代までに、ミートローフはが流行しました。アメリカの典型的なコンフォートフードと考えられており、アメリカ人の7番目に好きな料理です。

ニューメキシコス風豚の煮込み
“Carne Adovada”New Mexico-Style Pork Stew

Carne adovadaはニューメキシコ州のおすすめの料理です。この料理は豚肉をadoboというソースに漬けた後に煮ます。
ニューメキシコ州では、Carne adovadaは朝食のメニューでよく見られます。これはニューメキシコ州で最高な料理の一つです。一日中にどんな時間でも食べられます。どんな時間でたべてもトルティーヤと一緒に食べられます。

ニューイングランド風鶏の煮込み鍋
New England Bean & Bog Cassoulet

ラフなアメリカの個人主義の精神を持って、この美味なレシピはフランスの伝統的な故郷料理から伝承するものと言えます。美味なCassouletには、重要なポイントは三つがあります。まずは豆が必要です。そして、肉もです。最後はソーセージと長い時間で煮ることです。ABVはニューイングランドで広く伝わるバージョンを再現しました。黒目豆、鶏もも肉、白ソーセージといろんな野菜を使って、ドライクランベリー、レモンジュース、ネギなどの食材と長い時間で煮ます。是非、スープの中で全部の食材の味を混ぜ合わした美味を召し上がってください。

ほうれん草マドレーヌ
Traditional Spinach Madeleine

この料理はRiver Road Recipesレシピの中で最も有名なレシピの一つです。ルイジアナ州サンフランシスコビルの地元のMadeline Wrightによって1956年に発明された。ABVはほうれん草に基づいて、パプリカ、チェダー、マスカルポーネチーズを加えてこのほうれん草マドレーヌを復刻し、濃厚なほうれん草のクリームソースとコンフレークと十分に配されています。

アメリカ風辛い豆ビーフチリ
“Chili Con Carne” Black Bean and Beef Chili

チリの起源について確かな唯一のことは、それがメキシコに起源を持っていなかったということです。豆をチリミートソースに加えるかどうかは議論の一つですが、支持者は豆入り唐辛子は長い歴史があり、本物と見なすことができると信じています。どうしても、ABVの「チリ」アメリカンチリビーフソースは、豆、牛ひき肉、キドニービーンズ、ハバネロ、さまざまな香辛料をスパイシーに煮込んだ良いが味です。

グリルスタッフドマッシュルーム
Grilled Stuffed Mushrooms

この世界で、醸すキノコStuffed Mushroomsが様々な作り方が存在している、同時にこの料理も農村のレトロ前菜である。キノコは肉の質感と木質の味を兼ねっている、特に焼く時、色んな食材によい基礎を定めさせる。ABVは牛ひき肉を中心して、10種以上の食材と香辛料を組み合わせる、この農村焼きキノコがにさら豪華な農村料理になる。

ロード・アイランドスタイルクリスピーイカフライ
Rhode Island Style Crispy Calamari

これはロードアイランド州ならではの料理じゃないけど、一年間に豊かな漁業生産量があったから、このフライイカがロードアイランド州民に鍾愛られた。クラシックなロードアイランド式のフライイカが、唐辛子とカラーピーマンを加えるガーリックバターソースを混ぜて調理する。ABVはこの特別な御当地グルメを再現し、フライイカにカラーピーマン、ハラペーニョ、Cajun香料などで特製するガーリックバターソースを混ぜる。

ルイビルホットブラウンサンドイッチ
Louisville Hot Brown sandwich

ホットブラウンウェットサンドイッチは、1926年にケンタッキー州のブラウンレストランのシェフ、フレッドK.シュミットが夕食晩餐とダンス後の夜にお客様に提供していました。 サンドイッチには、チキン、ハムとベーコンにホワイトチーズソースをかけ、パンの片面を柔らかくサクサクになるまで焼き、視覚と味の二重のごちそうを感じられる一品です。

“ハングタウンフライ”オイスターオムレツ
“Hangtown fry” Oyster Omelets

カリフォルニア州の代表的な料理です。 この料理はアメリカのゴールドラッシュ時期に鉱夫が発明した料理。お金の力を示す為に、キッチンに最も高価な料理を用意させられ、そんな中、採鉱エリアまで卵は慎重に運ぶ必要があった為、当時では一番高価な食材でした。特に東海岸やサンフランシスコから採鉱エリアまでは100kmも超え、ベーコンやカキを輸送する際は冷蔵状態を保つために大量な氷を使って運んでました。

“エトゥフェ”シーフードシチュー
“Étouffée” Seafood Stew

ルイジアナ州などで非常に人気のあるシーフードシチューは様々な素材で煮込んだ珍味です。 エトゥフェという言葉はフランス語で”息ができない”を意味し、スープに多くの食材が浸されたこと表見してます。この料理の魂と言えば香辛料のケイジャンもシーフードの甘さを引き出してます。当地では良くソースをご飯の上にかけて召し上がるのです。

“ホットディッシュ” ミネソタビーフとテイタートッツのキャセロール
“Hotdish” Minnesota Beef and Tater Tots Casserole

ホットディッシュはアメリカの中西部で生まれた料理です。農婦がお金を節約するために発明した最初の料理でした。 ABVは最も典型的な牛ひき肉、ベーコン、チーズなどを厳選し、さらに伝統的なパスタをポテトボールに置き換え、シンプル料理でもコクのある味を引き立てる。また、この料理の魂となる「スープ缶」は、 キノコホワイトソースで仕上がります。

“フリコカルド” コロラド風ポテトケーキ
“Frico Caldo” Colorado Style Potato Cake

コロラド州の“フリコカルド”ポテトパイは、最初イタリアからアメリカに導入されました。メイン材料はじゃがいもと玉ねぎに濃厚なシェリービネガーで出来上がったバニラソースで香りを引き立て、サクサク感を出すだけでなく、ポテトの香りが強いのが特徴です。

ハワイ風ガーリックシュリンプ
Hawaiian Garlic Shrimp

オリーブオイル、新鮮なニンニク、レモンクリームでマリネし、炒めたものです。刻んだニンニクがエビを包み込み、非常に濃厚なニンニクの香りを引き立て、さらにエビは甘みのある柔らかい肉質で美味しいです。さすがハワイフードトラックの最も代表的な料理であります!

揚げ物

Fried Dishes

杏子ウィスキーソース手羽先
Lip-Smacking Peach & Whiskey Wings

濃厚な果物の香り、甘いピーチシロップとウイスキーの木質の香りを組み合わせて、揚げ手羽先に結合します。違う美しさが爆発した。

バッファローチキンウィング
Buffalo Chicken Wings

1964年にアンカーバーで誕生後、世界的に有名な手羽先料理になりました。 台湾原産の優良鶏肉を選定し、シェフの自家製ソースと組み合わせます。揚げたての手羽先を自家製ソースにつけ、肉は柔らかく、味は酸っぱくてスパイシーに仕上がり、指をなめたくなるくらいおいしいです。

ニューオーリンズ風チキンウィング
New Orleans Style Chicken Wings

ABVでは本格的なニューオーリンズ風の手羽先を提供してます。厳選した新鮮なチキン、香辛料ケイジャンでマリネし、外皮はサクサク、お肉は柔らかくてジューシーに仕上がります。さらに特製ソースをつけるともっと旨く召し上がれます!

フライドチキンにメープルシロップワッフル
Chicken and Waffle with Maple Syrup

昔から人気があるフライドチキンワッフルは、アメリカ南部で特有な食べ方です。骨なしの鶏もも肉の塊をサクサクに揚げ、鶏肉本来の濃厚な肉汁を保持した為、噛んだ食感も非常に柔らかいです。焦げ茶色ガリガリと仕上がったワッフルがカスタード香りが広げる。メープルシロップをかけたらマッチング度が急上昇し、まさにアフタヌーンティーのファーストチョイスです。

クラシッククラブケーキ”
Classic Crab Cake

アメリカ南大西洋地域で人気のカニケーキは、主に蟹肉、パン粉、卵、さまざまな香辛料とマヨネーズで作られたアメリカンスタイルの焼きフィッシュケーキです。 小麦粉で薄く包み、フライパンに入れ、両面が金色になるまで焼きます。一口食べるごとにたっぷりのカニ肉を味わえます。太平洋内のビキニボトムをさまよう感じです。

“プーティン”カナダのフライドポテトとグレービーチーズ
“Poutine” Canadian French Fries with Gravy and Cheese

フライドポテト、チーズナゲット、ミートソースの3つの要素を組み合わせたのがカナダケベック州で必食のファーストフード。揚げたてのフライドポテトにチーズナゲットをかけ、次に香ばしいミートソースをかけます。 ミートソースの熱がチーズをほんのり溶かし、グレービーで、コクのあるソースがたっぷり。

クラシックフライドチキン
Classic Fried Chicken

肉汁が噴出するのを体験したいには、ABVのアメリカンフライドチキンしかありません!不規則な衣からできたサクサクとした皮が肉汁をチキンの中に閉じ込める。一口噛むとサクサクした皮に肉汁がジュージューと口の中に広がり、噛んでいくうちに濃厚な肉汁が膨らみ続け、アメリカンレストランに来たらフライドチキンをオーダーしなくちゃ!

“ブルーミング オニオン” シャキッとしたオニオン揚げ
“Blooming Onion” Deep Fried Crispy Onion

ABV限定なオニオン揚げは、完璧なナイフカットにより、揚げたときに玉ねぎの各スライスが均一に色付けされます。 オニオンのシャキッとした食感に、特製タルタルソースを付け加え、口の中に風味が広がり、一口食べたらやめられなくなります。1988年に有名なチェーン店Outback Steakhouseに出された後、アメリカで大ブームとなりました。

ハンバーガー

Hamburger

アメリカ風焼きミートローフハンブルガー
Baked Meatloaf Sandwich

1840年代に肉挽き器が発明されたことで、ミートローフの普及に助けました。1929年から1939年まで、ミートローフは多くのアメリカ人の食事の主食になりました。1950年代までに、ミートローフが流行しました。アメリカの典型的なコンフォートフードと考えられており、アメリカ人の7番目に好きな料理です。
ABVは、ミートローフと太半熟卵を組み合わせておいしいハンバーガーを作り、大きく噛んで、魂を慰めますね。

パイナップルバーガーにピーナッツバター(8oz)
Peanut Butter Pineapple Burger

甘さ、塩さ、酸っぱさのアメリカン式組み合わせ。 濃厚なピーナッツバターにとろけたチーズソース、さらに焼きパイナップルの酸味がビーフバーガーと相性抜群です。食べたらフィットネスコーチには申し訳ないが、食べなければ後悔します。

ブルーチーズとベーコンバーガー(8oz)
Blue Cheese & Beacon Burger

アメリカンビーフハンバーガーと言えば、肉をたっぷり。ABVのブルーチーズとベーコンビーフハンバーガーは、濃いブルーチーズ、ヨーグルト、マヨネーズで調製したブルーチーズソースに、クリスピーベーコンで仕上がります。ボリューム満点のビーフバーガー、これがクラシックです。

プルドポークバーガー
Pulled Pork BurgerTzatziki

ABV特製のアメリカンマリネを使用し、長時間マリネした後、低温オーブンで豚肉をじっくり焼き上げます。豚肉の柔らかい肉質を保持するだけでなく、豚肉を裂いても、ジューシーで肉の食感をたっぷり味わえる。バーベキューソース濃厚な味わいはバーガーで引き立てる。ABV独自の美味しいフライドポテトと組み合わせて、これがバーガーの召し上がり方です。

ビーフブリスケットバーガー
Beef Brisket Burger

“アメリカンレストランの魂と言えば、バーガーです!木の風味を付けた牛の胸肉はしっかりした肉の食感を味わえる。濃厚なソースの香りからも、シェフの火の調理腕前も実感できます。香りが立つまではゆっくり火で焼き、すべての面が美味く調理される価値があります。”

チキン&ワッフルサンドイッチ
Chicken & Waffle Sandwich

クリスピーなハニーバターワッフルの間に挟むのは、ピクルス、マヨネーズ、ゆで卵で調和したタルタルソースをかけたもも肉フライドチキンを想像してみてください。これは伝統的な南部料理で、アメリカンながらのクリエイティブミックス。

アメリカンステーキ

American Steak

マサチューセッツ風 バーベキューステーキにオニオンリング
Massachusetts Style BBQ Steak Tips

甘いマサチューセッツ風のソースに、一本一本のジューシーなステーキとオニオンリングで組み合わせます。 甘いマサチューセッツ風味のソースを添え、塩味と甘いソースが口全体を包み込む。サクサクした甘いオニオンリングと完璧にマッチします。

クラシックスモークステーキ(10oz)
Class Smoked Steak

クラシックな味を是非お試しください!肉質の柔らかいサーロインステーキを厳選し、焼き炒めることによって脂を出し、燻製で香りを立つ。アロマを加えます。柔らかい肉質と脂たっぷりのクラシックなスモーキーフレーバーステーキ、すぐにお召し上がりください!

オクラホマ風 チキンフライドステーキ(ビーフのみ)
Oklahoma Style Chicken Fried Steak

オクラホマ州代表的なフライドステーキ。何故チキンフライドの言葉で表しているのか、英語の意味から非常に不思議な料理名です。外観や料理方法の面で英語チキンフライドという言葉から本当はフライドチキンじゃないかとも思われます。この【オクラホマ風チキンフライドステーキ】は、フライドチキンの方法でステーキを調理する。サーロインステーキを香辛料で調製した衣に包んで揚げ、まさに定番の逸品です。クリーム、生クリーム、白ワインを絡めたクリーミーなホワイトソースと一緒にお召し上がりください。

“ステーキ デ ブルゴ”アイオワ風のホワイトソースステーキ(10oz)
“Steak de Burgo” Iowa Style White Sauce Steak

アイオワ式ステーキ最大の特色は、デ・ブルゴソースです。 アイオワ伝統的なステーキであるだけでなく、その濃厚なクリーミーホワイトソースに合わせて、あなたの心を一瞬でとろけます・

主な料理

Main Dishes

アリゾナ州風揚げ牛肉を入れのりまき
“Chimichanga”Arizonan Beef & Rice Roll

チミチャンガは、アリゾナ州ツーソンにあるエル・チャロレストランの創始者であるモニカ・フリンが誤ってタコスを揚げ鍋に入れ、チミチャンガという言葉が口をついて出ました。ABVのチミチャンガは、トルティーヤでカルネアドバーダが豚肉を煮込み、スパイス長ご飯、さまざまなピーマン、ハバネロを包み、巻き上げて黄金色になるまで揚げ、ヨーグルトソースを添えて非常に濃厚にしました。

テキサス風クルミビーフライス
Texas Pecan Beef and Rice

テキサス州の水田面積は全アメリカの米生産量の約5.8%を占めます。この料理の食材の一つ「ペカン (ピーカンナッツ) 」はルイジアナ州、テキサス州とオクラホマ州に最密集の原生ペカンの産地を持ちます。ペカンライスは150年近い歴史を持つ田舎料理で、ABVはテキサス州作り方を再現しました。マッシュルーム、ベーコンとネギを炒めて、香りを引き出した後に米と大蒜を入れて炒めます。そして、出汁を入れて、ソースを絡めるまで米を炊います。最後にテキサス州の田舎料理のテキサス風焼きサーロインステーキと一緒に召し上がってください。

ルイジアナ骨付ソーセージダーティーライス
Louisiana Dirty Rice with Sausage on a Bone

ダーティーライス(Dirty Rice)は歴史上、南ルイジアナ州の貧乏人主食であった。白いごはんと茶色内臓、それから調味した野菜と調味料を混ぜるの料理です。どう料理しても茶色のままため、ダーティーライスという名前を付けられた。ABVで、わたしたちは鴨肝臓、ベーコンなど匂いがいい脂を使って、甘い香りを引き出すまで炒められた野菜とお米を混ぜて、料理して、それから骨付ソーセージをあしらって、こうして、あのときの味を感じてみる。

カロライナエビとグリッツ
Carolina Shrimp and Grits

新鮮な海老とコーン粥(グリッツ)のセットです、南カロライナ州から起源し、当時奴隷のように働かせれる人の心に慰めさせる食べ物であった。1990年代中ごろ、北カロライナ州チャペルヒルのコックーーBill·Nearは海老とグリッツの調理の変化によって、豊かな、高級な料理にさせた!ABVで、海老とグリッツをベーコン、cajun香料、パプリカを組み合わせて、シェフNearのバージョンを再現し、食卓で呈する!

シーフードジャンバラヤ
Seafood Jambalaya

ジャンバラヤは、アメリカ南部にあるルイジアナ州の国民料理です。スペイン人の影響を受け、ジャンバラヤはスペイン料理のパエリアに起源がありますが、味は比較的しっとりしています。 スペイン、フランス、アフリカなど地方の調理方法を組み合わせ、味は濃厚でコクがあります。

チキンガンボ
Chicken Gumbo

ガンボは、アメリカ南部のルイジアナ州にに浸透している料理である。大量な魚介類で煮込んで作っただし汁のほか、さらに新鮮な鶏肉と地元で産出したオクラとセロリを加えて、濃厚な味わいと栄養たっぷり。

ホッピンジョンと黒焼き魚
Hoppin’ John with Blackened Fish

アメリカ南部の村の主食料理。西アフリカの奴隷がアメリカに住んでいた時の食物だそうです。南米では豆ご飯が人気で、急速な人口が増える前に低地住民の家庭料理だと言われています。 黒豆以外、お米、玉ねぎ、ベーコンなどで調理しますが、これも各地方に応じて調理方法が調整されます。全体的に、バランスよく栄養価値が高いです。これは、バーベキューチキン味です。 その後、アメリカ南部の人々は、元旦にホッピンジョンを食べることが幸運に満ちた繁栄の年をもたらすと信じ、新年の縁起ものとして食べられています。この料理は南部スタイルを味わせて頂けるよう、南部風の黒焼き魚と組み合わせます。

ホッピンジョンとホワイトソースのアラバマバーベキューチキン
Hoppin’ John with Alabama Grilled Chicken

アメリカ南部の村の主食料理。西アフリカの奴隷がアメリカに住んでいた時の食物だそうです。南米では豆ご飯が人気で、急速な人口が増える前に低地住民の家庭料理だと言われています。 黒豆以外、お米、玉ねぎ、ベーコンなどで調理しますが、これも各地方に応じて調理方法が調整されます。全体的に、バランスよく栄養価値が高いです。これは、バーベキューチキン味です。 その後、アメリカ南部の人々は、元旦にホッピンジョンを食べることが幸運に満ちた繁栄の年をもたらすと信じ、新年の縁起ものとして食べられています。この料理はホワイトソースのアラバマバーベキューチキンと組み合わせます。

カリフォルニアロール

California Roll

ピリ辛マグロ&アボカドロールSpicy Tuna & Avocado Roll

カリフォルニアロールの名の由来は、バンクーバーに住む日本人シェフがバンクーバーの人々に和式巻き寿司を味わって頂けるように、そして海苔の見た目の安っぽさを隠す為、寿司を逆巻きしました。さらに鮮魚を1番外に巻いたことによって、視覚上より鮮やかで豪華に。その結果、LAの人々から愛されてカリフォルニアロールと名付けた。ABVでは辛味付きまぐろとアボカド風味で、一口味わったときまぐろの脂身、アボカドしっとりした食感に少しの辛み、旨味が口の中に残るほどの一品です。

アラスカスモークサーモンロールAlaskan Smoked Salmon Roll

カリフォルニアロールの名の由来は、バンクーバーに住む日本人シェフがバンクーバーの人々に和式巻き寿司を味わって頂けるように、そして海苔の見た目の安っぽさを隠す為、寿司を逆巻きしました。さらに鮮魚を1番外に巻いたことによって、視覚上より鮮やかで豪華に。その結果、LAの人々から愛されてカリフォルニアロールと名付けた。ABVではスモークサーモンをベースにしてます。

アスパラガス&サーモンロールAsparagus & Salmon Roll

カリフォルニアロールの名の由来は、バンクーバーに住む日本人シェフがバンクーバーの人々に和式巻き寿司を味わって頂けるように、そして海苔の見た目の安っぽさを隠す為、寿司を逆巻きしました。さらに鮮魚を1番外に巻いたことによって、視覚上より鮮やかで豪華に。その結果、LAの人々から愛されてカリフォルニアロールと名付けた。ABVではサーモンにスパイシーなマヨネーズを混ぜた美味しい一品です。

ポケ
Poké with Salmon/Tuna/Spicy Tuna/Smoked Salmon choose two

アメリカから3,700キロ離れたハワイは、アメリカ領土の一部になったとはいえ、ポケは2つの音節で発音され、ポーケとよみ、切身のことです。その起源は、地元の先住民漁師による生魚の調理方法から遡ることができます。生魚をひと口大に切り、ソースに漬けてご飯に載せて食べます。早期はサンゴの小魚やタコを捌き食べましたが、日本人移民の到来とともにマグロが流行し、アメリカ西海岸に広まるときはさらにサーモンとアボカドが主流になりました。ABVアメリカンレストランでは【ハワイポケ】はサーモン、マグロ、辛味付きマグロ、スモークサーモンの4種類が選べます。アボカド、コーン、青ネギと一緒に組み合わせて召し上がって下さい。

シカゴ風ピザ

Deep-Dish Pizza

シカゴ風ピザ-ペパロニ
Classic Pepperoni

伝説によると、1943年とき、シカゴにピッツェリアウノをオープンしたアイクシーウェルとリックリカルドによって発明されました。大きくて深い餅の皮をオーブンで完全に調理できるようにするために、材料を配置する順序を逆にし、プレスしたクラストにチーズをかけて、次に材料、チーズ、また材料を追加しました。最上層はトマトソースです。そして、チーズが焦げるのを避けることができるからです。ABVのシカゴ風ピザ-ペパロニは、自家製ピザクラスト、ダブルチーズ、ダブルソーセージ、ダブルソース、外側がサクサク、内側が柔らかくなるように焼き、ピザのスライスを引き上げ、チーズがのびています。まだ熱いうちに味わう必要があります。

シカゴ風ピザ-ハワイアン
Hawaiian

クラシックなハワイアンフレーバーは、ギリシャ生まれのカナダのシェフがサム・パノプロスによって発明されたようです。彼は、中華料理の甘くて酸っぱい要素の組み合わせに啓発され、ピザにパイナップルを加えようとしたが、それは非常に人気があり、世界中に広があります。ABVのハワイアンスタイルの深皿ピザは、酸っぱくて甘みのある要素を混ぜて、パイナップルに基づいて、ハム、白蝦、ダブルソースと混ぜ合わせたもので、これはクラシックなハワイアンフレーバーです。

サラダ / スープ

Salad / Soup

ブロッコリービールチーズスープ

Broccoli Beer Cheese Soup

このおいしいスープは、おそらくアメリカのニューイングランド地方で始まったと思われます。植民地時代にさかのぼり、ニューイングランドはチーズのレシピを迎えてチーズを生産し始め、ビールはイギリスからボートでここにやって来ました。お互いの交流の下で、このスープはアメリカでも広く流通しています。このスープは、ミルク、チーズ、出汁で構成されて、チーズスープの風味を高める材料には、刻んだベーコン、ビール、刻んだカリフラワーなどがあります。これで、このABVブロッコリービールチーズスープが完成しました。

“チオピノ”サンフランシスコシーフードスープ
“Cioppino” San Francisco Seafood Soup

チオピノは、 19世紀後半のときイタリアの移民が当時に発展したスープです。昔では当日に獲れたての新鮮な魚介類、トマト、ワインを使って煮詰めます。スープには、ハマグリ、エビ、ホタテ、イカ、貽貝など様々な魚介類からできてるため、食材が豊富なことから、チオピノが今でもサンフランシスコ当地の人気漁師料理。

ミシシッピカムバックドレッシングサラダ

Mississippi Comeback Dressing Salad

カムバックはミシシッピ州ジャクソンに由来する古典的なサザンソースで、ギリシャレストラン「 The Rotisserie」で提供されている代表的なドレッシングです。名前の由来はミシシッピの伝統から、あなたが場所を離れるときはいつでも、人々は「さようなら」、「後で会おう」と言わず、「皆戻ってきます」と言います。特色は、マヨネーズ、チリソース、レモンジュースの調味料のミックスで、酸っぱくてスパイシーでさわやかなレタスサラダがマッチし、さわやかで食欲をそそります。

クリーミーランチドレッシングサラダ
Salad with Creamy Ranch Dressing

ランチドレッシングは、牧場ドレッシングまたはカントリードレッシングとも呼ばれるアメリカンサラダドレッシングである。通常はバターミルクまたはヨーグルト、塩、ニンニク、タマネギ、マスタード、ハーブ、香辛料とマヨネーズを混ぜて作られてます。 1992年にイタリアンサラダドレッシングを超えて以来、ランチドレッシングは米国で最も売れているサラダドレッシングです。ミルキーな香りと濃厚なハーブ味が入ったこのサラダをお召し上がりましょう!

ヴィネグレットサラダ
Vinaigrette Salad

ヴィネグレットは酢を意味する(Vinaigrette)フランス語からの派生語です。英語ではフレンチドレッシングとも呼ばれ、ヴィネグレットドレッシングを示しています。新鮮なレタスと数種類の野菜や果物と組み合わせ、さわやかで食欲をそそり、健康満点。

デザート

Dessert

ホームメイトのPizookieチョコレートパイとアイスクリーム
Homemade Pizookie Chocolate Pie with Ice Cream

ツーソンで起源したPizookieは、ピザとクッキーのあいだをさまよっている、ユニークなデザートです。 中味はブラウニーとチョコレートを介する、なめらかでしっとりとした食感、外側がカリッとしています。さらにバニラアイスクリームを2ボールも載せて、間違いなく長い一日をしめる最適な方法!

“ベニエ”ニューオーリンズスタイルドーナツ
“Beignet” New Orleans Style Donut

ベニエ(発音はben-YAY)は、ケルト人早期の単語bigneから来ており、「昇給」を意味します。 フランス語で「揚げた生地」という意味もあります。アンダルシアがベニエをフランス地中海へ導入した証拠が多くあります。その後18世紀のフランスの開拓者たちが、レシピと習慣をニューオーリンズにもたらして以来、訪ねるたびに食べるべきのデザートとなりました。揚げたてのベニエドーナツは、表皮に粉砂糖が厚くふりかけられており、味わうときの指や服まで粉砂糖がくっつけるのが定番です。 映画のシェフ 三ツ星 フードトラック始めましたのセクションを覚えていますか? ニューオーリンズに来たら、ベニエドーナツを食べないとニューオーリンズに来たと言わないです。

アメリカンアップルパイ
Classic American Apple Pie

アップルパイは青リンゴを使わなくちゃ。青リンゴ自体の酸味と甘さから、炒めたリンゴがキャラメルの香りがたて、次に砂糖を加えて炒めるとキャラメリゼしたリンゴのあんこが出来上がります。ABVの自家製ミルクバターパイ生地にキャラメルリンゴを詰めます。重なる外皮と甘酸っぱいのアップルジャムはシナモンと組み合わせるとまさに素晴らしいです。すべての一口はリンゴの風味でいっぱいです。