ABV 地中海レストラン


TEL 1:+886-2-8771-8114
TEL 2:+886-2-8771-8028
住所:No. 39, Lane260, Guangfu South Road, Taipei City
営業時間:日曜日~月曜日 PM 12:00~AM1:30
MRT駅:MRT国父紀念館駅 2番出口

ABV 地中海レストラン


TEL 1:+886-2-8771-8114TEL 2:+886-2-8771-8028住所:No. 39, Lane260, Guangfu South Road, Taipei City営業時間:日曜日~月曜日 PM 12:00~AM1:30MRT駅:MRT国父紀念館駅 2番出口

ブランチ

Bussiness Brunch

イタリアのトマトとひよこ豆のピザ餃子ブランチ
Tomato Chickpea Calzone Brunch

この料理はフランス料理の皮とイタリア料理の骨があります。なぜそう言うのですか?フランス料理は14世紀から17世紀まで発展して、ルイ14世の影響から、ヨーロッパの各国の料理を習って、特にイタリア料理である。後でフランス料理は特別なフランスソースを発展しました。ソースシステムは食材の味を導きます。ABVのこの料理はブラックオリーブのソースとすずき一緒に焼いて、赤ピーマンとナットからイタリア風赤バターソースと風乾しトマト、ブラックオリーブ、ジャガイモ一緒に食べて、味と食感が豊かであります。

ハーブ添えキノコとクリーミーガーリックチキン
Creamy Garlic Chicken with Thyme and Mushrooms Brunch

フランスで鶏の煮込みはとてもポピュラーな家庭料理の一品です。イチオシはどこですかと尋ねたら、皆必ず自分のおばあちゃん作ったのが一番おいしいと自慢してると間違えません。ABVは鶏もも肉とベーコンの旨みのみでキノコを炒め、甘みを引き出して、白ワインを入れて、食材の香りを更にアピールし、最後にバターを入れて炒めてたら、味がまろやかに融合されます。これはABV自慢のクリーミーガーリックチキンです。

手作りトルコスジュクとピタのザジキ添え
“Sujuk” Homemade Turkish Sausage with Pita and Greek Tzatizki Brunch

スジュク(Sujuk)とは、バルカン半島から中東、中央アジアでよく見られるピリ辛のサラミソーセージの一種です。緑唐辛子を辛みの軸に使い、シェフが一から全て手作りした特製ソーセージ。お召し上がりの際にはぜひABV特製ザジキ(ギリシャ風ヨーグルトとキュウリのディップ)とご一緒にお楽しみください。ヨーグルト特有の爽やかさがソーセージのオイリーさを打ち消し、風味により一層の変化を与えてくれます。一口食べたらまた一口とやめられない止まらない美味しさです。

クスクスブランチ
Couscous Brunch

クスクスは北アフリカのムーア人とベルベル人の主食ですが、米のように見えますが、スパゲッティの原料であるデュラン小麦粉でできています。クスクスは近年フランスで3番目に人気の食品に選ばれ、多くの流行の手法が採用されています。アメリカンコーヒーや紅茶に合わせてお選びいただけます。

シャクシュカブランチ
SHASHOUKA Brunch

シャクシュカはユダヤ人の伝統料理で、北アフリカリビアから発祥しましたが、のちに西アジアやアラブ諸国に伝わってきました。煮込んだトマトにパプリカ、タマネギ、パセリをピタパンと合わせてお召し上がりください。

ベイクドビーンズ&チョリソーミートボールブランチ
Baked Beans & Chorizo Meatballs Brunch

クラシックな欧風ベイクドビーンズにABV特製のチョリソーミートボールを合わせたユニークな一品。サイドセットにシーザーサラダ、フライドポテト、スクランブルエッグがついており、ドリンクはアメリカンコーヒーと紅茶よりお選び頂けます。

クラシックブランチ
ABV Classic Brunch

クラシックブランチは王道。ババリアソーセージ、ヴァイスヴルスト、ベーコン、シーザーサラダ、フライドポテト、ダブルサニーサイドアップと栄養満点のブランチをご提供しております。ドリンクはアメリカンコーヒーと紅茶よりお選び頂けます。

ケバブの串焼きブランチ
Kebab Skewers Brunch

ケバブの串焼きは中東地区のB級グルメです。ABVブランチでは、ポークとチキンの2種類からお選び頂けます。他にも2種の特製ソース、ピタパン、フライドポテト、シーザーサラダ、スクランブルエッグか目玉焼きがセットになっております。ドリンクはアメリカンコーヒーと紅茶よりお選び頂けます。

ポテトトルティーヤブランチ
Tortilla Espanola

本格的なスペイン料理は美味しいです。卵の液体は薄くスライスしたジャガイモで覆われています。一口ごとに卵とジャガイモの香りがします。アリオリソースで美味しくいただけます。パッケージにはシーザーサラダ、ベーコン、フライドポテトが含まれており、ドリンクはアメリカンコーヒーと紅茶よりお選び頂けます。

サラダ & スープ

Salad & Soup

ニース風サラダ
Salade Niçoise

ニース風サラダはフランスのニースで生まれたサラダです。伝統的にビーフトマト、ゆで卵、ブラックオリーブ、アンチョビとマグロ、オリーブオイル、またはビネグレットソースで作られています。20世紀初頭以来、世界中で人気があり、多くのシェフに高く評価されています。ゴードン・ラムゼイは言います:それはすべての夏のサラダの中で最高でなければなりません。 ABVは、季節の生野菜にビーフトマト、ゆで卵、ブラックオリーブ、アンチョビ、マグロを加えています。これらはカリカリの季節だからです。味へようこそ。

ステーキナッツサラダ
Steak Salad with Nuts

焼きたて7ozのチョイス級サーロインステーキに、ロメインレタスを加えた一品。バルサミコ酢をかけたサラダを混ぜ合わせ、そこにスライスしたステーキを乗せ、最後にミックスナッツをふりかけたら完成。栄養満点のステーキナッツサラダの出来上がりです。

イチジクのサラミサラダ シェリービネガー添え
Fig and Chorizo Salad with Sherry Vinegar

イタリアでイチジクは夏と秋の年に2回収穫することが出来ます。旬に入ると、食卓でよく様々なイチジク料理が並びます。フルーツとしてそのまま食べても、オードブルとしても人気です。ABVはイチジクとシェリービネガーにフェタチーズとハチミツを混ぜて、味を整え、サラミを加え更に風味を引き出します。口の中に濃厚な風味が残ります。

サウスウェスト・シーザーサラダ
Southwest Caesar Salad

このサラダの特徴は、入れ物の皮にあります。皮を割ってサラダと一緒に食べても良いし、ビールのおつまみとしてそのまま食べても良い。あまり知られていないかもしれませんが、シーザーソースはイタリアのシェフ、シーザー・カルディーにが1924年にメキシコにて初めて作り出して世に広めました。

カリフラワーのポタージュ
Cream of Broccoli Soup

フランス国王のルイ15世の愛人であるデュ・バリー夫人はカリフラワーが大好物で、デュ・バリー夫人の名前でこの料理にネーミングした説があります。そしてフランス料理の定番の一品となりました。甘みが出るまでたまねぎを炒め、ジャガイモとカリフラワーを一緒に煮込み、ドロみが出るまで混ぜ、焼いたカッシューナッツをまぶせば、つぶつぶ感もあり、更に味わい深くなります。

ブロデット
“Brodet” Croatian Seafood Stew

ブロデットは魚をメインにしたクロアチア西部の伝統料理の一つです。魚以外にも、ほかの海鮮を使うことで料理をより鮮やかにします。お金持ちの食卓では、珍しい食材を使っていたりしますが、村では現地で取れるナマズやカエルなどを…もちろん、ABVではそれらの食材は使っておりません。

マッシュルームチャウダー
Mushroom Chowder

鶏がらスープをベースに作ったマッシュルームチャウダーは、作り立てであるため、濃厚なバターやマッシュルームの香りを放ちます。チャウダーという言葉はフランス語のchaudièreからきていて、鍋を意味します。

プレート

Cold Tapas

ミックスプレート
Cold Assorted Platter

ブリーチーズ、ブルチーズ、マッシュヒヨコマメ、ミックスナッツ、チョリソー、プロシュット、スモークサーモンを存分に堪能していただけるミックスプレートでございます。

ガリシア風オクトパスプレート
Pulpo a la gallega

茹でたタコとじゃがいもをさいの目切りした後に海塩、レモン汁とパプリカパウダーを振りかけたら完成。この料理はスペインの東北部ガリシア州で有名なおつまみです。

マッシュヒヨコマメ&ピタパン
Hummus served w/Pita

マッシュヒヨコマメはエジプトとレバントから発祥し、のちに西アジア、北アフリカ、バルカン半島にも伝わっています。ヒヨコマメのほかに、ゴマソース、オリーブオイル、レモン汁とニンニクを加え、ピタパンと一緒にお召し上がりください。

ギリシャザジキ&ピタパン
Greek Tzatizki served w/Pita

ザジキはピタパンや焼肉のソースとして使われることが多く、羊乳のヨーグルトにみじん切りしたキュウリ、白ワインビネガー、香辛料で和えます。さっぱりした味わいが女性の方に大人気。

プロシュットプレート
Parma Ham Platter

プロシュットの原語はProsciutto。豚の足の部分を洗浄してから塩漬けにして、風乾させたら完成です。

チョリソープレート
Chorizo Pepperoni

本来ならばペパロニを使うのですが、ABVはチョリソーをチョイスしました。ブラックオリーブとトマトソースを添えて、シンプルな一品に仕上げました。

スモークサーモンのコールドカット
Smoked Salmon Platter

鮭がマリネまたは燻製されている限り、濃厚でふっくらとした脂肪が少しさわやかさを加えます。ミックスナッツを使ったスモークサーモンのコールドカットは、ビールによく合う前菜です。

ピザ

Pizza

パルマハムとルッコラのピザ
Prosciutto rucola” Arugula pizza

すべでがこんなに簡単なことです。ヨーロッパには、ルッコラは普通の時にサラダや生で食べて、そしてもらうことがとてもやすいです。イタリアには、パルマハムは最も精髄の存在です。漬けて風乾する後、普通の時に薄く切って、生で食べます。このとき、二つの食材をミックスする瞬間にこのパルマハムとルッコラのピザを生まれました。ルッコラの苦い味や匂いとパルマハムの塩辛いや脂がピザの皮の上に盛って、そして、一番大事なことはルッコラが絶対にピザを焼いた後に入れます。これこそが本物の美味です。

クアトロ・フォルマッジ
Four Cheese Pizza

ピッツァの語源は「色んな食材、ポモドーロとチーズを載せて焼いたパン」、発祥地はナポリであります。ABVはチェダーチーズとモッツァレッラチーズなど相性がいい4種類のチーズをハチミツで味のバランスを取り、焼きあがったら、ポモドーロの酸味をチーズとハチミツの甘みで調和すればバランスの取れた味に仕上がります。

シーフードプッタネスカピザ
Seafood Pizza alla Puttanesca

5、6年前に知られていなかったプッタネスカソースは、今や街中に広く伝わっています。トマトソースをベースに、アンチョビ、ケッパー、ブラックオリーブ、干しチリ、オレガノを加えます。適当な酸味と甘みがバランスよく取れています。ABVはこのプッタネスカソースにイカとエビを入れたユニークなシーフードピザをご提供致します。

チキンマッシュルームピザ
Chicken & Mushroom Pizza

柔らかいチキンにマッシュルームとニンニク風味のオリーブオイルが絶妙なバランスを保ってくれています。シンプルな見た目に騙されないで、このピザはABV公認トップワンのピザです!

ピザマルゲリータ
Margherita Pizza

最も古典的なイタリアのピザの味。トマトレッドソース、スライストマト、バジル、モッツァレラチーズ、オリーブオイルは、シンプルな材料を使用して最高の風味を作り出します。

ラフマジュントルコピザ
“Lahmacun” Turkish Pizza (Pork)

トルコ東南部から普及したラフマジュンは、薄焼きピザの一種。パレスチナ、レバノン、シリア、ヨルダン、イラン等いわゆる肥沃な三日月地帯でよく見られます。手づくりの生地を伸ばし、豚挽き肉、クミン、刻みニンニクをのせて焼き上げました。一口噛めばまるで、神秘的な西アジアにいるかのような味わいがいつまでも続きます。

スラボンスカピザ
Slavonska Pizza

クロアチアは歴史的に、かつてヴェネツィア共和国に統治されたことがあり、そして地理的にイタリアに近いこともあって、クロアチア料理はイタリア料理の影響をかなり受けています。そのため、クロアチアでは質の高いピザが食べられるのです。スラボンスカピザは当地で人気のあるピザの一つで、具はチリ、サニーサイドアップ、ソーセージ、ハムと挽き肉がよく使われています。

チョリソーピザ
Chorizo Pepperoni Pizza

本来ならばペパロニを使うのですが、ABVはチョリソーをチョイスしました。ブラックオリーブとトマトソースを添えて、シンプルな一品を仕上げました。

マッシュルームトリュフピザ
Mushroom with Truffle

マッシュルーム、アスパラガス、トリュフのシンプルな組み合わせは、ベジタリアンのあなたにぴったりなピザです。

フライドディッシュ

Fried Dish

ブロッコリーの唐揚げ
Deep fried broccoli

鍋で高温で揚げたブロッコリーは、ビストロの定番のおつまみと言えます。揚げたブロッコリーは、かえって野菜の甘みが出てきます。アイオリソースをつけて、次から次へと欲しくなります。

フライドディッシュ
Deep Fried Chicken Wings with Spicy Butter Sauce

現在の料理業界で人気の高いケイジャン調理方法で、揚げたてのチキンなのに、まるで薪で焼いたような香りを出してくれます。バッファローウィングソースを添えたら、ABV人気ナンバーワンの揚げ物になるでしょう!

フライド・イカスミカラマリ
Fried Calamari with Squid lnk

イカリングから揚げは地中海の酒つまみで、イカスミと一緒に揚げることでより旨みを感じることができます。クラフトビールと一緒につまんでお召し上がりください。

ポルトガルバカリャウ
“Bacalhau” Portuguese Cod & Potato Croquette

ポルトガル料理の真髄といえばバカリャウです。カトリック教徒にとって、毎週金曜日そして四旬節やクリスマスイブには欠かせない御馳走です。「バカリャウ」とは、ポルトガル語で「Bacalhau」と表記し「タラの塩漬けの干し物」を意味します。タラとマッシュポテトを卵液で混ぜ合わせ成形した後、黄金色になるまで揚げました。なめらかな舌触りで、黒オリーブソースを合わせると風味がさらに豊かに仕上がります。

ホットタパス

Hot Tapas

シチリアの揚げおにぎり
“Arabcini” Italian fried rice balls

シチリアの揚げおにぎりは香辛料ご飯を球形につまんでパンごを塗って揚げた、イタリアのシチリアの美味しい食べ物の一つです。シチリアのレストランや軽食店で最もよく見られるシチリアの揚げおにぎりのタイプは、イタリア定番のトマトソース 、ご飯、モッツァレラチーズ、その他のチーズから構成されています。ABVは定番の伝統的な料理の作り方と食べ方で、ベーコンとモッツァレラチーズを香辛料ご飯に包み、パンごを包んで揚げ、イタリアン定番のトマトソース として一緒に味わいます。

トルコの伝統的なブドウの葉のちまき
“Dolma” Turkish rice dumplings

Dolmaという言葉はトルコ語に由来し、「物を詰め込む」という意味で、概念的には彼が「入れ物」であることを想像することができます。まるで私たちの唐辛子の「入れ物」肉、トマトの「入れ物」肉のようだ。オスマン帝国に住んでいる人は地元のブドウの葉を使ってこの料理を作ります。トルコ語でこの料理にsarmaというもっと率直な名前をつけた。小包を意味しています。dolmaは餡を醸造したり詰めたりするという意味です。そのため、この料理の名前はSarmaで表現すると、もっと適切になります。単純にブドウの葉に香料と混ぜ合わせたご飯を詰め、オリーブオイルで調理した後、冷たい食品で味わうことができます。肉類の混合物を入れると、ヨーグルトや香料(オレゴンや赤唐辛子粉など)と一緒に熱いうちに食べるのが一般的です。ABVは惣菜のバージョンで豚ひき肉をバージョン、うまぜりと炒めて味付けし、ミント、香菜を混ぜたご飯で包み、ブドウの葉で包みます。調理してトマトソースとヨーグルトを合わせて味わうのが伝統的で定番のSarmaです。

ポルトガルの塩漬け魚とジャガイモのグラタンパイ
“TARTE DE BACALHAU” Portuguese Cod, Cheese and Potato Pie

バカラオはポルトガル語のタラで、その食材特性ではタラの塩漬けを指します。ポルトガルではさまざまな地区や伝統によってバカラオのレシピが多く変化しています。365種類を超えるバカラオを調理する方法があり、一年の毎日に一つあるそうです。正確な数字がいくらであれ、バカラオはポルトガルの美味しい食べ物の中でどこにでもある食材です。ABVはフレーバーの塩派が料理の作り方で、フランス式の塩派の概念を基づいて作られた、タラ、マッシュポテトを塩漬けにして、スモークマッハと魚を使って、この名物料理を開発して、どうぞ味わってください。

ポルトガル風豚とアサリのアレンテージョ
“Carne de Porco a Alentejana” Portuguese Sateed Calm and Pork

豚肉とあさりを合わせるなんて、一体誰が考えたのでしょうか?それはポルトガルはアレンテージョ地方の郷土料理。豚の肩ロースと新鮮なアサリを一緒に煮込み、アサリからでる旨味と厚切り肉の折り重なる海の幸と陸の幸の味わいです。ぜひパンに丁寧に煮込まれたソースをたっぷりと浸み込ませ、ポルトガルの味を最後までご堪能ください!

手作りトルコスジュクとピタのザジキ添え
“Sujuk” Homemade Turkish Sausage with Pita and Greek Tzatizki

スジュク(Sujuk)とは、バルカン半島から中東、中央アジアでよく見られるピリ辛のサラミソーセージの一種です。緑唐辛子を辛みの軸に使い、シェフが一から全て手作りした特製ソーセージ。お召し上がりの際にはぜひABV特製ザジキ(ギリシャ風ヨーグルトとキュウリのディップ)とご一緒にお楽しみください。ヨーグルト特有の爽やかさがソーセージのオイリーさを打ち消し、風味により一層の変化を与えてくれます。一口食べたらまた一口とやめられない止まらない美味しさです。

ムール貝のガーリックバター炒め
Garlic Butter Mussels

バターとニンニクの組み合わせはまさに西洋料理の真髄。牛や豚、鶏肉も調理の最後にクリーム、ニンニク、ハーブを加え、そして香しい濃厚なガーリックバターをかけるのです。今回ABVではムール貝を食材に選びふんだんに使用しました。他では味わえない南ヨーロッパ風の肴です。 

チョリソーミートボール
Chorizo Meatball with Hot Tomato

新鮮な豚ひき肉とチョリソーを使った味濃いめの一品です。2種類の肉をよく混ぜ、一個一個丁寧に仕上げました。ピタパンや濃いめのビールによく合います。  

スパイシーシュリンプ&アンチョビ
Spicy Shrimp with Anchovy

ABVはイタリア料理法を基に、このスペイン伝統のタパスをさらにグレードアップしました。伝統の料理手法でニンニク、チリ、オリーブオイル以外に、アンチョビを入れることでエビの旨みを引き出しました。  

バルサミコソースのキノコとエビの炒めもの
Balsamic Sautéed Mushrooms and Shrimps

バルサミコはカシスで醸造され、上品なバニラの匂いに、風雅な酢の酸っぱさを持っています。悠久な歴史を持つバルサミコは食品だけでなく、医療にも使われるので、ローマ民族の生活にもなじみ深いです。今のバルサミコも家庭に欠かせない調味料として備えられたています。ABVはぷりぷりエビとキノコと、ハチミツ、唐辛子をまとめて炒め、キノコとエビのうまみを最大限まで引き出します。重なった味が新しい風味を生み出します。

スパナコピタ(ギリシャ風ほうれん草のパイ)
“Spanakopita” Greek Spinach Pie

スパナコピタはギリシャ伝統のスナックで、ほうれん草と羊乳チーズのパイです。フィロ(パイ生地)は東ローマ帝国時代の遊牧民族が発祥で、パイ生地を入れ物の代わりにするかのように具材を包みこみます。ABVでは羊乳チーズの他にフェタチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノ等様々なチーズを加えました。チーズ好きの理想を叶える、大満足の一品です。

クラブディップソース&ピタパン
Crab Dip served with Pita

ABV開店以来最も人気のあるこの料理は、濃厚なチーズをベースに作ったクラブディップソースを、熱々の状態でピタパンでディップ!大満足させてくれる一品です!  

シェリーワインマッシュルームソテー
Sautéed Mushrooms with Sherry

マッシュルームソテーはスペインの首都マドリードから発祥したもので、今ではスペインのバーで普及している一品です。注目して欲しいのはシェリーワインが放つ特別な香り、そのまま食べても、お酒のつまみにしてパンにつけても、美味しくいただけます。

ミックスシーフードのプッタネスカ
Mixed Seafood alla Puttanesca

プッタネスカソースはイタリア南部ナポリから発祥したもので、元々は有名なパスタSpaghetti alla puttanescaで使っているソースのことです。” puttanesca”はイタリア語で娼婦の意味を持っていて、娼婦風のパスタと呼ばれることもあります。

シャクシュカ&ピタパン
Shakshouka with Pita

シャクシュカはユダヤ人の伝統料理で、北アフリカリビアから発祥しましたが、のちに西アジアやアラブ諸国に伝わってきました。煮込んだトマトにパプリカ、タマネギ、パセリをピタパンと合わせてお召し上がりください。 

シチュー&グリル

Stew & Grilled

ブラックオリーブとアンチョビソース焼きすずきとイタリア風トマトソース
“Filetto di branzino con olive e pomodorini” Italian Style of Sea Bass with Black Olive and Tomato Sauce

この料理はフランス料理の皮とイタリア料理の骨があります。なぜそう言うのですか?フランス料理は14世紀から17世紀まで発展して、ルイ14世の影響から、ヨーロッパの各国の料理を習って、特にイタリア料理である。後でフランス料理は特別なフランスソースを発展しました。ソースシステムは食材の味を導きます。ABVのこの料理はブラックオリーブのソースとすずき一緒に焼いて、赤ピーマンとナットからイタリア風赤バターソースと風乾しトマト、ブラックオリーブ、ジャガイモ一緒に食べて、味と食感が豊かであります。

スモークサーモンとクリームチーズのパイ
Smoked Salmon& Cream Cheese Pie

この料理のインスピレーションはウェリントンステーキから、ABVのシェフはスモークサーモンで厚く切ったクリームチーズの菲力を覆い(いわゆる菲力は、英語はfiletで、骨のない、他の部位に比べて柔らかい肉を指す)もちもちになるまで炒めたマッシュルームに、スモークサーモンとチーズ菲力を包み、最後でメレンゲに覆いました。オーブンに入ってメレンゲを黄金色に焼くと、非常に創意的な料理が誕生し、クリームチーズのふわふわムースの食感が、すべての食材とカリカリを完璧に結合し、絶対に驚くべきものです。

ハーブ添えキノコとクリーミーガーリックチキン
Creamy Garlic Chicken with Thyme and Mushrooms

フランスで鶏の煮込みはとてもポピュラーな家庭料理の一品です。イチオシはどこですかと尋ねたら、皆必ず自分のおばあちゃん作ったのが一番おいしいと自慢してると間違えません。ABVは鶏もも肉とベーコンの旨みのみでキノコを炒め、甘みを引き出して、白ワインを入れて、食材の香りを更にアピールし、最後にバターを入れて炒めてたら、味がまろやかに融合されます。これはABV自慢のクリーミーガーリックチキンです。

シュバイネハクセとザワークラウト(期間限定)
“Schweinshaxe” German Roast Pig Knuckle with Sauerkraut

ドイツ名物シュバイネハクセ(豚脚のロースト)が期間限定で登場です。豚脚を煮込み味を浸み込ませ、香ばしくなるまでローストします。ABVバージョンのシュバイネハクセは豚の前スネ肉をチョイス。柔らかくも弾力のある肉質はお口の中でとろけ、脂身が美味しい肉汁に変化します。それと同時に、表面のパリッとした食感も感じられます。ひとつの豚脚で、こんなにも豊かな食感が味わえるのです。そこにさらに自家製ザワークラウト(乳酸キャベツ)を合わせれば何とも言えない味わいで、やみつきになってしまうでしょう!

アルザス風シュークルートソーセージの煮込み
“Choucroute Garnie” Alsatian Braised Meats and Sausages

フランスアルザス地方の郷土料理のひとつで、シュークルートとは乳酸発酵させたキャベツを指します。古くはドイツ領だった為、その影響を受けながら独自に進化した、個性あふれる料理です。ソーセージやチョリソー等の肉製品と共に、柔らかくなるまで煮込んだホクホクのジャガイモが楽しめます。肉汁の油分がシュークルートの酸味と合わさり、優しくて味わい豊かな肴の出来上がりです。

レモナート(ギリシャ風牛肉のレモンソース煮込み)
L“Lemonato” Greek Beef Stew with Leman Juice

モスハリ・レモナートはギリシャ伝統の定番料理で、休日の家族団らんの食事には欠かせない食卓の主役のひとつです。大きな牛肉の塊肉を煮崩れしにくい根野菜とともにコトコト煮込み、牛肉はほろほろ且つ塊肉の食感が保たれており、野菜の甘みがたっぷりと染み渡っています。最後にレモンで仕上げをすれば、鍋中にギリシャの夢中になってしまう味わいが広がります。

チキンの串焼き&ケッパーソース
Chicken Skewers with Dalmatian Caper Sauce

ケッパーは地中海料理のカギとなる調味料の一つで、クロアチア西部のダルマチアではバターとケッパーで作ったケッパーソースをグリルチキンと合わせて食べることが多いです。ABV地中海店はグリルチキン串焼きをさらにグレードアップして、ケッパーソースによく合う一品にしました。 

ビーフケバブの串焼き
Beef Kebab Skewers

ケバブの串焼きの語源はペルシア語のケバブから来ていて、焼いた肉を指しています。ABVではポーク、ビーフの2種類を提供しております。また、2種類の特選ソースと合わせて、肉にかぶりつきご堪能ください。 

ポークケバブの串焼き
Pork Kebab Skewers

ケバブの串焼きの語源はペルシア語のケバブから来ていて、焼いた肉を指しています。ABVではポーク、ビーフの2種類を提供しております。また、2種類の特選ソースと合わせて、肉にかぶりつきご堪能ください。

グリルステーキバーニャカウダー&トリュフソース
Grilled Steak with Bagna Cauda & Truffle Sauce

アンチョビとバターで作ったバーニャカウダ、マッシュルームと黒トリュフで作った黒トリュフソース。二つのイタリア代表するソースをグリルステーキにつけるとよりステーキの旨みを引き出してくれます。

ニョッキ/ラビオリ

Gnocchi / Ravioli

イスタンブールの濡れたハンバーガー
“Islak Burger” Istanbul style wet burger

トルコのイスタンブールに着いて、地元ではいわゆるウェットバーガーのハンバーガーを味わったとき、ハンバーガーのもう一つの美食の旅であることに気づきます。イスタンブールという場所でイスタンブールのハンバーガーを販売している店では、ハンバーガーパンを「蒸し器」の箱に入れて蒸し焼きをしています。ベーキングだけでなく、出す前にハンバーガーに特製のトマトソースを塗り、濡れたハンバーガーに特製のトマトソースを合わせ、100%の純牛肉ジューシーなハンバーグ、りょうりを出し、大きな口で噛んだ濡れたハンバーガー、ジューシーなハンバーガー肉の食感、特製ソースを合わせて、トルコのストリートスタイルのイスタンブールハンバーガーを味わうことができます。

イタリアのトマトとひよこ豆のピザ餃子
Tomato Chickpea Calzone

カルゾーネはオーブンで月形に折り畳まれたピザで、18世紀のナポリに起源があります。典型的なカルゾーネは、イタリアンソーセージ、ハムまたは野菜、リコッタチーズ、パルメザンチーズまたはペコリノチーズを詰め込みます。ABVバージョンのピザ餃子は、ベジタリアンにも満足できるトマトカレー鷹嘴豆のフレーバーで、鷹嘴豆を主な食材とし、カレーとシナモン、カルダモンを味付けして作った餡で、ピザの皮を折り、トマトの割れとパマチーズをかけて、オーブンで焼いたものです。

濃厚エビソースのニョッキ
Prawn Gnocchi in Shrimp Sauce

ABV自家製イタリアンニョッキ。ニョッキとはイタリアの伝統的な食べ物です。調理法はパスタと同じで、ソースはこの料理の命です。ABVでは、大量のエビの頭で出汁を取り、弱火でじっくりと煮込み濃縮させ、濃厚なエビソースを作り上げました。モチモチのイタリアンニョッキに旨味たっぷりのエビソースが絡まります。香しい濃厚なエビソースのニョッキ、新鮮な大ぶりのエビをお皿いっぱいにのせた、誠意のこもった一品。純粋な旨味の味わいをどうぞご堪能ください!

フライドラビオリ&ミートソース
Fried Handmade Ravioli alla Bolognese

ラビオリは炒めて食べる以外に、フライして食べても美味しいです。カリカリに揚げた皮に包まれているマッシュルームとチーズ、最後に心を込めて作ったミートソースをかけたら完成です。

マッシュルームチーズラビオリ&クリームソース
Mushroom Cheese Ravioli with Cream Sauce

ラビオリが最初に発見されたのは14世紀のヴェネツィア、今となっては欧米で流行っているイタリア料理となりました。伝統な調理方法はパスタと変わりなく、マッシュルームクリームソースにもよく合います。

クスクス

Couscous

ウニソースのコスコスと温泉卵
Cous Cous in Urchin Sauce with Poached Egg

グスミはグスグス、クスクスとも訳され、マグリブバーベル人に由来する食べ物です。彼もスパゲッティの原料であるデュラム 小麦粉から作られ、形も色も小米に似ている。 クスクスの魚を和え物はシチリア西部のトラパニ省でよく見られる食べ物で、地元政府から伝統的な美食と認定されています。ABVの今回のバージョンでは、イタリアの食べ方と同じように、海老とイカを加え、濃厚なウニソースを最高比例で味付けし、クスクスクスをうまみの新鮮な味に満たし、ポーチドエッグを1粒混ぜ、半熟の卵黄をクスクスに流し、美味しさを無限に加えました。

モロッコ風ローストチキン&クスクス
Moroccan Style Roasted Chicken with Couscous

クスクスは、北アフリカムーア人とベルベル人の主食です。米のように見えますが、スパゲッティの原料であるデュラン小麦粉でできています。香辛料入りのローストチキンはクスクスと合わせて食べることが一般的です。鶏むね肉をゆっくり焼くことで、柔らかく且つジューシーになります。クスクスと一緒に、クラシックな一品をお楽しみください。

スパニッシュポテトトルティーヤ

TORTILLA ESPAÑOLA

クラシックポテトトルティーヤ
Classic Tortilla

ブランチでも午後の軽食でも気軽に食べられるスペインの国民的料理の一つです。スライスしたポテトを油で通してたまごに絡め、オレガノなどの香辛料を加えたら完成。伝統のアイオリソースがよく合います。

ミンチチョリソートルティーヤ
Minced Chorizo Tortilla

スパニッシュトルティーヤは白いキャンバスのように、好きな色を加えることができます。基本食材のたまご、ポテトと塩以外にチョリソーを加えたことでより豊富な味わいに仕上げました。

トリュフトルティーヤ
Mushroom with Truffle Tortilla

トリュフトルティーヤの一番のポイントと言えば、やはり一番上に載っている黒トリュフソースです。ソースを均等に塗って、ナイフを入れれば、たっぷりのスライスポテトとスライスキノコが現れます。人気ナンバーワンのトルティーヤを是非お試しくださいませ。

パエリア

PAELLA ESPAÑOLA

ブルゴーニュワイン煮込みスペアリブのパエリア
“Côte De Porc Sauce Bourguignon“ Bourguignon Style Pork Chop Paella

ブールギニョンという言葉はフランスのブルゴーニュ地方に作られた料理のことです。ブールギニョンの別の言い方は、とろとろで濃厚な茶色い ソースのことです。ブルゴーニュ地方はフランスで最も重要なワイン産地であるから、地元の農村にとってワインは料理の中で最も基本的な食材であります。この料理は多くの野菜とワインで長時間煮込んで骨豚の肋骨を取り除き、クラシックなスペインのスモークパプリカで、パエリアの基本的なフレーバーとしています。スモークの香りと辛辣な味のパエリアを持って、もちもちなワインのスペアリブまで煮込んで、フレーバーが十分であるだけではなくて、もっと数スプーンのヨーグルトを飾って、全体の味がコクを更に増しました。

ブラックソース&グリルイカパエリア
Black with Grilled Squid Paella

口が真っ黒になるイカスミパエリア、トップに乗ってあるのは焼きたてのコウイカ。エビや魚の頭に野菜で煮込んだ旨みたっぷりなイカスミソースを、シェフ達は心を込めて作っております。

クラシックシーフードパエリア
Classic Seafood Paella

クラシックスパニッシュパエリアは、海鮮出汁、ムール貝、ウシエビ、イカ、クラムを使います。私達がよく聞くパエリアは、実はバレンシア風パエリアです。

パエリア&チョリソーミートボール
Paella with Chorizo & Meatball

ABVのチョリソーミートボールパエリアはさらにグレードアップしました。特製の豚ひき肉で作ったスパニッシュミートボール、そしてチョリソーやソーセージを加えたことでインパクトのある一品に。お肉が大好きなパエリアファンには是非オススメします。

マッシュルーム&トリュフパエリア
Mushroom with Truffle Paella

マッシュルームトリュフパエリアは、イタリアンリゾットの調理方法と組み合わせてみました。濃いめのスパニッシュ料理を覆し、さっぱりした風味でより多い選択肢を増やしました。

デザート

Dessert

スパイシーホットチョコレートチュロス
Classic Spanish Churros

チュロスはスペインから発祥した揚げ菓子ですが、ラテンアメリカ、フランス、ポルトガル、アメリカ、カリブ海などアメリカ系の人々が住む島で流行っています。揚げたてのチュロスに粉砂糖とシナモンを振りかけ、自家製スパイシーホットチョコレートソースを合わせて食べると違った味を楽しむことができます。

チョコレートブラウニー&アイスクリーム
Chocolate Brownie served with Ice Cream

ブラウニーは元々はパティシエのミスから生まれたスイーツ。ベーキングパウダーを足し忘れたことで、しっとりとした食感が生まれました。相性抜群なバニラアイスと一緒にお召し上がりください。

クロアチアンプリンケーキ
Croatian Pudding Cake

 

フランスレモンクリームタルト
French Lemon Cream Tart

レモンクリームタルトは長い歴史を持つデザートです。フランスで南部のマントンという町から広がってきた説が一番ポピュラーです。毎年2~3月にレモン祭りを行って、レモンで作られたオブジェが町にいっぱい飾られて、レモンと花で飾ったトレーラーに乗って町をまわります。ABVのこの新作デザートはクリームとレモンで作られた絶妙なバランスの甘酸っぱさで、完璧に焼き上げたタルトにのせたら、まさしくフランスドルチェです。