ABV Penthouse
ABV ペントハウス レストラン


電話番号1:+886-2-2969-9989
電話番号2:+886-2-2969-9980
住所:12F., No. 67, Fuzhong Rd., Banqiao Dist., New Taipei City 220, Taiwan (R.O.C.)
営業時間: 月曜日~日曜日 PM12:00~AM1:30
MRT駅:Fuzhong Exit 1
Facebook:ABV閣樓餐酒館

ABV Penthouse
ABV ペントハウス レストラン


電話番号1:+886-2-2969-9989
電話番号2:+886-2-2969-9980
住所:12F., No. 67, Fuzhong Rd., Banqiao Dist., New Taipei City 220, Taiwan (R.O.C.)
営業時間: 月曜日~日曜日 PM12:00~AM1:30
MRT駅:Fuzhong Exit 1
Facebook:ABV閣樓餐酒館

サラダ

Salad

ペストビネグレットとタコのサラダ
Octopus Salad with Pesto Vinaigrette

シシリーの美食といえば海鮮料理。ABVでは古代ローマの伝統ソース・モートン、今はペストソースというのを加えました。当地で使用しているバジルは台湾国産バジルと似てる為、この一品はビネガーソースと酢醤油ソース、酸っぱ味のあるビートルート漬けを使って、さらにシシリー漁師ではの獲れたて新鮮な魚介と組み合わせて、食欲をそそいでボリュームもあったサラダです。

ビートルートとナッツサラダ(ブルーチーズドレッシング)
Beetroot and Nuts Salad with Blue Cheese Dressing

ABVはフレンチロックフォールブルーチーズに似たチーズを選び、マスカルポーネチーズと組み合わせて台湾人に受け入れ易いブルーチーズソースを作りました。いつもと違う風味のサラダ、濃厚で熟成味のあるチーズをを召し上がりたいなら、この一品は試してみて甲斐のある味です。

クラシックシーザーサラダ
Classic Caesar Salad

シーザーサラダはイタリアンシェフ、シーザー・カルディーニがアメリカとの国境に接するメキシコの町・ティフアナにて発明した料理です。1924年7月4日、アメリカ独立記念日をお祝いする観光客達のために、急いで調理場にある食材で考えられた一品です。アメリカ、メキシコとイタリアをミックスした調理方法で誕生した料理は、多くの方が前菜として頼む一品です。

フルーツサラダイングレープフルーツビネガーヨーグルトドレッシング
Fruit Salad in Grapefruit Vinegar Yogurt Dressin

サラダドレッシングにはグレープフルーツ酢だけではなく、桃やゆずなど、様々な果物が使われています。この爽やかな食感で暑い夏を乗り切りましょう!

スープ

Soup

サルスエラ
“Zarzuela” Spanish Seafood Soup

スペインカタルーニャ発祥のシーフードスープサルスエラは、オペレッタの意味があります。スープはカタルーニャの衣と呼ばれるカスタード、ニンニク、ナッツ、パンからできていて、ミックスシーフードを入れたら完成。伝統的なスープへのイメージを変えてくれるでしょう!

ハマグリのパンプキンスープ
Pumpkin Soup with Clams

カボチャは栄養が高くて、植付上経済的にも高メリットの為、旱魃被害の時に重要な農作物になっていた。よって、一部の国では神のかぼちゃと称賛されています。このハマグリカボチャスープでは、ABVシェフ自家製のカボチャソースで、カボチャならではの甘さを口の中で長く味わうことができます。さらにハマグリを加えて、海の鮮味と陸の甘みがミックスした味わいがたまらないです。パンと一緒にご堪能下さい。

コールドタパス

Cold Tapas

スモークサーモンプレート
Smoked Salmon Platter

サーモンはマリネかスモークにすると、豊富な油分が少し爽やかな味わいに変わります。スモークサーモンプレートは有名な前菜の選択肢の一つで、ミックスナッツを合わせたら完成です。美味しいメインディッシュとビールの前に、このスパニッシュオードブルはいかがでしょうか。

チョリソープレート
Spanish Chorizo Platter

チョリソーはイベリア半島発祥のポークソーセージ、豚の腸でソーセージの皮を作っています。様々な種類があるため、調理方法も変わってきます。スペインでは、チョリソーを発酵させた後にスモークにしてパプリカで味を整えます。オードブルにとても適した一品でございます。

ピスタチオハムチーズプレート
Cold Ham and Cheese Platter with Pistachio

チーズの王様と称されるブリーチーズをハムで包み、ナッツ、バルサミコソースと、苦味と甘みが特徴のエゴマの葉を合わせました。一口運べば、ハムとチーズの香りが混ざりあい、甘酸っぱいバルサミコ酢の香り高い風味とえごまの葉の調和が感じられます。

ミックスチーズプレート
Cheese platter

チーズに合うのはワインだけ?いいえ!ブリーチーズ、フェタチーズ、スモークチーズ、ブルーチーズはそれぞれに合ったビールがあります。是非、4種のビールと一緒にお召し上がりください!

ピタとインド風ヨーグルトディップ
Indian-Style Yogurt Dip with Pita

インドでは、ダヒと呼ばれる塩味ヨーグルトをベースに、さいの目に切ったキュウリ、クミン、イエローマスタードシードと新鮮なハーブを組み合わせます。ピタに合うように、ABVはクミンパウダーの味とキュウリ漬物の酸味をつかって、ダヒと合わせてピタをより美味しく仕上がります。

サラミプレート
Salami Platter

サラミはイタリアンソーセージです。ソーセージにとても似ていて、脂身と赤身を特定の比率で潰して、発酵させた後に塩、コショウ、酒、パプリカパウダーで漬け込みます。発酵と漬け方の違いで味も違ってきます。様々な味わいのサラミをいかがでしょうか。

ペントハウスコールドプレート
Penthouse’s Cold Assorted Platter

チョリソー、スモークサーモン、サラミ、プロシュット、ミックスチーズ、ミックスナッツとメリザノサラタ。絶対に満足にさせてくれるペントハウスコールドプレートをお試しください。

フライドディッシュ

Fried Dishes

ディープフライチーズ & マカロニフライキューブ
Deep-Fried Cheese & Maccheroni Cubes

チーズとマカロニフライキューブは、イタリアローカルのB級グルメである。マカロニとチェダーチーズにハラペーニョのみじん切りを混ぜて、牛乳でとろとろに形にはまる程度まで煮たら、パン粉を表に塗します。外サクサク、中トローリの食感、そしてサイコロのようなサイズ、大人でも子供でも、きっと一口食べると止まりませんだろう。

イタリアンプローンアンドチックピーフリッター
Italian Prawn and Chickpeas Fritters

ローマグルメ史上に記載されたのクラシックなメニューである、スペインのチュロスエビと似ています。しかし、プローンアンドチックピーフリッターの特点は、丸ごとヒヨコマメと新鮮なパセリとディルを使用し、エビを包んて、そして魚肉練り製品として製作します。フライ団子のサクサク脂っこくない味、常にイタリア人のお通しとして召し上がります。

スパニッシュジャムクロケット
“Croquetas de Jamon” Spanish Jam Croquettes

クロケットはスペインの主婦なら誰でも作れるスペインの郷土料理です。通常は残り物から作られています。ABV自家製のスパニッシュクロケットはクリームの香りが強く、ハムとシーフードを入れた伝統的で美味しい一品です。

ABVチキンウィングス
ABV’S
Signature Chicken Wings

現在の料理業界で人気のあるケイジャン調理方法で、揚げたてのチキンなのに、まるで薪で焼いたような香ばしい香りがあります。バッファローウィングソースを添えたら、ABV人気ナンバーワンの揚げ物になるでしょう。

パタタス・ブラバス
“Patatas Bravas” Spanish Fried Potatoes

じゃがいもは16世紀に、スペイン人によってアメリカからヨーロッパへ持ち帰られました。フライドポテトやローストポテトなど揚げじゃがいもも色々な形で生み出されています。パタタスは2種類のソースがついており、パタタスブランスとパタタスアリオリ。ABVはトマトソースとアリオリをメインにしたパタタスブランス!ビールと一緒に、この最高の組み合わせをお楽しみください。

フラメンキン
“Flamenquín” Spanish Deep Fried Pork Roll

フラメンキンは、小さいフランデレンという意味合いが含まれています。ポークロールの中にチーズとチョリソーを入れて衣につけて油で揚げます。この料理は北オランダフランデレンからスペインに受け継がれた料理です。

ウェボスロトス
“Huevos Rotos” Spanish Broken Egg Fries

フライドポテトをカリカリに揚げ、半熟玉子を潰してプロシュットと合わせて食べます。バルセロナ本場一品料理の出来上がりです。


ホットタパス

Hot Tapas

シュリンプケーキウィズクリーミィケッパーディルソース
Shrimp Cakes With Creamy Caper-Dill Sauce

ふっくら海老として製作したシュリンプケーキである、一口に喰うと、外がサクサク、中がトローリの食感が口の中で広がっています。シェフ特製サワークリームディルソースを組み合わせて、サワークリーム濃厚爽やか食感を守るだけではなく、同時に、シュリンプケーキの味にもディルに強調されています。

マケドニアソーセージ
Macedonian Sausage

この料理はギリシャの北マケドニア地方の伝統的な料理で、オスマン帝国から受け継がれていると言われています。現在、この料理はすべての家族が簡単に手に入れることができる朝食料理の1つであり、ABVシェフは燻製マルチョウを厳選し当地の食材原味を再現し、ギリシャ風たっぷり味わえるのをお送りいたします。

ブラックビールポテトソーセージ
Sausage in German Dark Beer

ABVはおつまみを厳選し、ドイツのブラックビール特有の深いベーキング麦の香りとスペインパプリカを主軸にしたスパイシーなスパイスを厳選したソーセージと一緒に炒めてくれます。ソーセージ、ブラックビール、ジャガイモにブラックビール特有の麦の香りが口の中を包み込み、最高の味を誇ります。

モスタルドルマ・オニオンファルシー
“Dolma” Bosnian Stuffed Onion

ドルマ(Dolma)とは、詰めるを意味します。トマト、唐辛子、玉ねぎ、茄子、キャベツ、ブドウの葉を用いて様々な食材をタネとして包みます。ギリシャ、イタリアではよく見られるグルメ料理法のひとつです。ABVではこれを創作改良し、ベーコン、マッシュルーム、チョリソーをホワイトソースで炒めタネにして、中をくりぬいた丸ごとの玉ねぎの中に詰めました。さらにそこにアーモンドソースを添えれば、最高の一品の完成です。

サーモン&ガーリックレモンバター
Skillet Seared Salmon with Garlic Lemon Butter

サーモンが元々持っている豊富な油分はスモーク調理法がよく合いますが、酸味の帯びた料理にもよく合います。サーモンフィレを鍋に入れたバターと一緒に煮込みます。最後にレモン汁と黒コショウなどの香辛料で仕上げたら、サーモン好きな方にはたまらない一品になるでしょう。

ガンバス・アラ・アヒージョ
“Gambas al Ajillo” Spanish Garlic Shrimp

アンチョビは油に長時間漬け込むと旨みを引き出すことができます。この料理は地中海沿岸で見つけられた料理です。アンチョビに大量なオリーブオイルを使うほかに、チリとレモン汁で香り付け、この料理により豊富な味わいを足します。

シェリー酒クラム&ガーリック
Sautéed Clams with Sherry and Garlic

スペインのシェリー酒はパロミの品種のブドウを使って、特定の地区でしか醸造できないお酒のことを言います。一般的にシェリー酒はスペインではタパスに合うワインとして飲まれていて、この料理ではシェリー酒の独特な香りでこのシェリー酒クラムを作りました。

シェリー酒クラム&ガーリック
Sautéed Clams with Sherry and Garlic

スペインのシェリー酒はパロミの品種のブドウを使って、特定の地区でしか醸造できないお酒のことを言います。一般的にシェリー酒はスペインではタパスに合うワインとして飲まれていて、この料理ではシェリー酒の独特な香りでこのシェリー酒クラムを作りました。

にんにくとバターで炒めたムール貝
Sautéed Mussels with Garlic and Butter

ABVシェフはニンニクで先に香りを引き立て、海鮮を加えて炒める。また、白ワインとスモークスイートペッパーパウダー組み合わせた濃厚なクリームソースで味付けして、ベルギー当地の味を再現しました。ベルギーでは、ガーリッククリームソースと白ワインは良くある組み合わせです。一般的にサクサクのトーストと一緒に提供し、食べれば食べるほど止められなくなります。

シシリアン風フィッシュシチュー
Sicilian-Style Fish Stew

イタリアは海に囲まれている為、シチリアの海鮮も抜群です。シチリアの風味とは、トマト、オリーブ、シシリー産レモンで煮込んで、魚の新鮮さと酸っぱくて濃厚なスープに仕上がります。

ポルトガル風エビのソテー
Portuguese Sautéed Shrimp

ポルトガル料理は多くの場合海鮮と一緒に提供されます。ニンニク、コショウ、タイムと柔らかい肉質のウシエビにABV自家製エビソースで提供します。サクサクレタスと濃厚なエビソース、または焼きトーストとつけて召し上がるのは鮮味満点な一品です。

ガリシアンス風ローストタコ
Galician-Style Roast Octopus

お祭りの期間、ガリシアのタコ料理はヨーロッパ中に広がる伝統的な珍味であり、スペインのタパスレストランやパブでよく出てくる一品です。がっしりとした焼きタコは柔らかみに噛み応えがあり、さらに弾力のある肉質にローズマリーの香りとスモークスイートペッパーパウダーの風味が特徴です。滅多にないお酒に合ったおつまみ料理です。

スモークサーモンディップ&ピタパン
Smoked Salmon Dip with Pita

濃厚で滑らかなチーズソースを好かない人はいるのでしょうか?ABVシェフ特製のスモークサーモンチーズソースにメキシコハラペーニョとスモークサーモンを、ピタパンと一緒にこの甘辛料理をお召し上がりください。

火烤料理

Roast & Grilled

“カッチュッコアラリヴォルノ”リヴォルノシーフードシチュー
“Cacciucco alla Livornese” Livornese Seafood Stew

スタンリー・トゥッチが出演した番組《スタンリー・トゥッチのイタリア食紀行》観たことがあれば、きっと、“Cacciucco alla Livornese”という料理は、ただの魚のスープではないということがわかると思います。この料理は、リヴォルノの輝きと精髄を捉えました。起源は、500年前に遡ります、多数のイタリア料理と同じく、魚肉を無駄しないように、誕生した。材料は、ムール貝とウシエビとスズキとタコ、様々な海鮮が集まって、全部は濃厚なトマトスープに包まれる、こんなやめられない味、流石リヴォルノ人の誇りとする料理!

ポークトライプアラフローレンティナ
Pork Tripe alla Florentina

源流は十五世紀イタリアフィレンツェ、ローカルグルメである。ABVのシェフは、牛ホルモンの代わりに、豚ホルモンを使用して、ニンジンとタマネギとセロリとローリエと香辛料を入れて、そして大量のトマトと一緒に煮込みます、円やかな味だけではない、生臭さがありません。熱いパンを合わせて、あの時のイタリア楽しいひとときに引き返させます。

ローストビーフ&アンチョビバター
Roasted Beef with Anchovy Butter

ローズマリーとタイムをメインにした香辛料で一晩漬け込みます。ローストして牛肉に香り付けます。マッシュポテトとブロッコリー、エリンギなどの野菜を添えて栄養満点の一品の出来上がりです。

ブラジル風ラムショルダーのロースト
Brazilian Roast Lamb

羊肉独特のクセが気にならない選りすぐりの良質な仔羊の肩肉を、フィノッキオと赤ワインで柔らかくなるまでじっくりと煮込み、肩肉の脂身のとろけるような食感と肉本来の旨味と甘みが同時に味わえます。最後に羊の骨とスパイス、野菜、赤ワインを煮込んで作った濃厚ソースをかけて完成です!

サテチキンスキューワー
Chicken Satay Skewers

シェフの特製サテソースは、肉やタレのマリネに最適な独特の味わいです。柔らかくてやわらかい鶏の太ももを串に刺して焼き上げ、全体がスパイシーで独特のサテを味わえます。

ムーアッシュポーク串焼き
Moorish Pork Skewers

モロ(Moro)はイベリア半島と北アフリカでムスリムを指す言葉です。15世紀のヨーロッパでは政治権力が頻繁に変動していましたが、当時の飲食文化は残されていました。「ムスリムの料理方法で、彼らが食べない豚肉を調理する」という衝撃を与えてくれる一品です。パプリカパウダーにクミンとシェリー酒で調理したポーク串焼きは香り強い一品です。

ビーフ串焼き&レモンアンチョビクリーム
Beef Skewers with Lemon Anchovy Cream

中東発祥の串焼き、様々な味付けを楽しめます。ABVはクミンとナツメグなどの香辛料で漬け込んだ牛肉に、自家製のレモンアンチョビクリームと一緒に、違った風味の串焼きをお楽しみください。

焼きイカの詰め物のレモンクリームソース添え

Grilled & Stuffed Calamari with Lemon Cream Sauce

各種きのこと野菜をイカの中に詰め、弱火でじっくりとイカの表面に焼き目が付くまで焼きました。そして、プリプリのイカとたっぷりの野菜のタネに、ABV特製レモン卵黄クリームソースを合わせました。レモンクリームソースによってより一層豊かになった濃厚な食感と味わいをぜひお試しください。

グリルコンボ
Grilled Combo

お友達とのお食事会なら、これがおすすめ!牛肉の炭火焼き、ムーア風チキン、ムーア風豚の串焼きのコンボプレートは、みんなでハマること間違いなしです!まずはオリジナルのそのままの味を楽しみ、その次にレモンアンチョビソースとタルタソースの2種のソースをお好きなほうからお試しください。豊かな味わいは、当店が取り揃える300種のクラフトビールと相性抜群です。

天ぷらパーティーの盛り合わせ
Fried Combo

屋根裏食堂の天ぷら盛り合わせは会食の必須メニューです。
内容はチキンウィングフライドチキンウィング。スペイン風のタラフライ、超正サイズ
点·食感抜群の揚げ物ポテトチップス!ビールと一緒に、絶対に。
おいしいです。

スパゲッティ

Spaghetti

スパイシーソフトシェルクラブスパゲッティイントマトシュリンプソース
Spicy Soft Shell Crab Spaghetti in Tomato-Shrimp Sauce

南イタリアのナポリからの甘酸っぱいトマトソースが、殻がとても軟らかいソフトシェルクラブを組み合わせたら、アンチョビと唐辛子を加えて、強い火力で炒めます。辛い香りがするソフトシェルクラブをもっちりスパゲッティに組み合わせて、旨辛いパスタに仕上がっています。

アーモンドとトマトのスパゲッティにシチリア風ペストソース
Sicilian Pesto With Almonds and Tomatoes Spaghetti

イタリアのオエリ諸島のオエリ風味ソースは、主にケーパー、トマトソース、バジル、アーモンドなどの食材で作られています。味の精髄はアーモンドから引き出しています。濃厚なナッツの風味と赤ワインのバルサミコ酢で煮詰めて、ソースをよりまろやかで美味しく仕上がります。さらに自家製のガーリックチキンステーキはボリュームがあり、あなたの食欲をそそう美食です。

イカのグリルのイカスミパスタ
Grilled Squid Spaghetti in Squid Ink

イカを丸ごと一匹ストーブでいぶしながら炙り焼きにしました。旨味あふれるプリプリジューシーなイカに、イカ墨ソースをたっぷりと吸い上げたパスタを合わせれば、さらに豊かな味わいが引き出されます。一口食べれば、海鮮の旨味がお口いっぱいに放たれ、私たちに美味しさを運んでくれます

ボンゴレビアンコのスパゲティ
Spaghetti alle Vongole in Bianco

クラシックなイタリアンスパゲティといえばボンゴレビアンコのスパゲティです。ABVシェフは、リグリアの代表的な麺食ーフェットゥチーネを選用しました。その特徴はリングイネ麺やスパゲティよりも表面積が大きい為、同じくひと口サイズでも、フェットゥチーネはもっと海鮮ソースにかかる量が多くなります。

スパゲッティ&シーフードベルモットペストジェノベーゼ
Spaghetti with Seafood in Vermouth Pesto

イタリア国旗、緑の部分を象徴するペストジェノベーゼはイタリア西北部のニンニクヴィネグレットソースから来ています。当時の船員は海に出る時に体を丈夫にするためニンニクを食べていました。ペストはイタリア語pestareに由来していて、ニンニクを潰す動作を指します。ペストジェノベーゼを作る過程でアブサンを入れることで香りよくします。丸一本のタコ足と一緒にお召し上がりください。

濃厚エビ豆腐乳クリームパスタ
Shrimp Spaghetti with Shrimp and Fermented tofu Sauce

これはとてもユニークなパスタです。豆腐乳とエビから取った出汁で、エビの旨味たっぷりの海鮮ホワイトソースを創りました。クルマエビをふんだんに使用し、エビの出汁とはまた違うエビの味を重ねたスペシャルで濃厚なパスタに仕上げました。豊かなエビの味が存分に味わえる、エビ好きにはたまらないパスタです。

コンキリエ

Conchiglioni

クリーミープロシュットコンキリエ
Creamy Parma Ham Conchiglioni

イタリア国旗、白の部分を象徴するホワイトソースはヨーロッパ伝統料理でよく使うバターとチーズで作っています。20世紀イタリアの炭鉱夫がお腹を満たすためにスモークポークやベーコン、ミルク、生クリームを入れたことで有名なカルボナーラの誕生です。第二次世界大戦のときに、アメリカ軍はイタリアが撤退したときにこのレシピを持ち帰って世界中に伝わったのがきっかけです。ABVはプロシュット、メキシコ南部チリ、バジルを入れてホワイトソースに絡めて作ったこの体験したことのない味付けをお楽しみください。

ベジパンプキンコンキリエ
Veg Pumpkin Pie Conchiglioni

かぼちゃはヨーロッパ地方でよく使われる食材です。ハロウィンの主役となるかぼちゃは豊富な甘みと栄養素高い食材なので、私達はホワイトソースをベースにパンプキンソースを作りました。パルミジャーノ・レッジャーノを擦り下ろし、バーナーでとろけるまで炙り、濃厚な香りを放つこの一品を是非お召し上がりください。

チーズコンキリエ&シュリンプ
Conchiglioni with Cheese & Shrimps

コンキリエはそのまま炒めて食べる料理方法以外に、ユニークな調理法を提供するシェフもいます。コンキリエそのものをグリルの容器に変身させ、新鮮なエビを詰め込み、チーズを入れて焼いたら完成です。

パッケリ 

Paccheri

ベジパッケリウィズブロッコリー & マッシュルームインクリームソース
Vege-Paccheri with Broccoli & Mushrooms in Cream Sauce

グラナ・パダーノチーズ加わるイタリアホワイトソースは、パスタソースの味に濃厚なチーズ香りを付け加えます。それから、ブロッコリー炒め物やピーマンとマッシュルームなど、様々な野菜を加えて、体に健康的で負担がない野菜パスタ一品、乳卵菜食主義者の一択である!

パッケリウィズグリルポークチョップインポートワインソース
Paccheri with Grilled Porkchop in Port Wine Sauce

普段が食後に提供されるデザートワインとしてのポートワインで厚切りポークステーキを漬けて、肉の外がサクサク、中がトローリまで焼いたらバルサミコ酢をつけます、こうすると、肉の新鮮と甘さの度合を高められます。そして、クラシックなトマトスープとして炒めたパッケリを組み合わせます。トマトとマッシュルームとチーズ、この三要素で、質素で簡単なイタリアパスタが創造します!

ローストオクトパスのパッケリ ノルマ風
Paccheri alla Norma with Roast Octopus

シシリーを起源とする、かなり伝統的なパスタです。家族ごとに作り方は少し異なりますが、最も重要な3つの素材:ナス、トマトとセイボリーチーズです。これはカターニアのイタリア劇作家ヴィンチェンツォ・ベッリーニの名作「ノルマ」と深い関係があります。この料理はカターニア地元の住民からベッリーニへ贈り物だと言われています。また、シチリアの詩人たちが、レストランでこのパスタを食べて驚いて、オペラの「ノルマ」と同じくらい感動的だったから「これはまさにノルマです!」と言ったことから名付けられたのも言われています。

イワシパッケリ
Paccheri alla Sardines

シシリーでは、これは典型的な漁師の料理で、「海鮮盛り合わせ麺」とも呼ばれてます。通常、漁師はその日に獲れたての魚介で麺料理を作ります。漁師が忙しい一日のあとお家に戻り、満腹できる美味しい料理の1つです。この料理はアラブ人のシェフが発明したと言われいました。当時は軍事作戦が多く、状況が険しくて、多くの兵士の世話をしなければならなかったことから生まれた地元の特徴的な美食で、今日に至る受け継がれています。

フェットチーネ

Fettuccine

魚卵とスモークサーモンのフィットチーネ
Fettuccine with Smoked Salmon and Caviar

当店ABVで料理に使われるスモークサーモンは自慢の自家製です。ホワイトソースに魚卵を惜しみなくふんだんに加え、芳醇な香りのソースを作りました。そこにコストを気にせず豪快にスモークサーモンをのせたら、スモーキーな海の味豊かなフィットチーネの出来上がりです。

トリュフとステーキの赤ワインサワークリームソースフィットチーネ
Roasted Beef Fettuccine with Truffle and Red Wine Sauce

牛肉を直火で焼き、肉感あふれる芳醇な肉の香りと噛み応えのある食感に仕上げました。モチモチのフィットチーネに、赤ワインで香りを高め、サワークリームでなめらかなコクを出しました。最後にトリュフを加えれば、素晴らしい香りが立ち込める大満足の一品です。

チキンテキーラフェットチーネ
Chicken Tequila Shot Fettuccine

メキシコ発祥のテキーラは、シャンパンと同じくアガベ・テキラーナ・ウェーバー・ブルーと呼ばれる竜舌蘭から作った蒸留酒でしかテキーラと名乗れません。濃厚な植物の香りにレモン汁とパクチー。体験したことのないフェットチーネをお試しください。

ミートボールフェットチーネ&ソーセージソース
Meatball Fettuccine in Sausage Sauce

伝統的なソーセージソースと違って、スペインのイベリアチョリソーで挽き肉を作ります。普通のソースよりも繊細な口当たりに仕上げました。ミートボールフェットチーネと一緒にお召し上がりください。

シーフードフェットチーネ・アラ・プッタネスカ
Seafood Fettuccine Alla Puttanesca

プッタネスカはイタリア語で娼婦を意味します。スパゲッティアラプッタネスカは1960年にイタリアで流行り始めました。ABVはトマトソース、アンチョビ、干しチリ、オリーブ、ケッパーなどの食材を入れることで辛くて濃いめな味わいに仕上げました。娼婦の名が由来のプッタネスカ料理を是非お試しください。

 

クリーミービーガンフェットチーネ&マッシュルーム
Creamy Vegan Fettuccine with Mushroom

ABVはベジタリアンのために特別にこの料理を作りました。キノコ、マッシュルーム、ブナピー、シメジの4種類のキノコと黒トリュフに、クリーミーホワイトソースを絡めたフェットチーネをお召し上がりください。

カサレッチェ

Casarecce

カサレッチェ&ウイキョウチョリソー
Casarecce with Fennel and Chorizo

12世紀のイタリアシエナから発祥したタマネギチョリソーリゾットから派生した料理です。タマネギを炒めて甘みを引き出し、チョリソーを入れてさらに炒めて出た汁でソースを作ります。少量のクミンにフェタチーズを入れたら完成です。手放せないこの料理をお召し上がりください。

カサレッチェ&ガーリックアンチョビ
Casarecce with Garlic and Anchovy

新鮮な白エビにガーリックスライス、アンチョビ、チリを加え、カレサッチェと一緒にバジルとパルミジャーノ・レッジャーノをふりかけたら完成です。濃厚なソースとは違った印象の一品をお楽しみください。

デザート

Dessert

シナモンアップルケーキウィズキャラメル
Cinnamon Apple Cake with Caramel

1809年代マチェラータ地区の修道院をもって誕生したデザートです。当地では、クルミを食べれば運が開けるという面白い風習が伝わります。故に、ケーキの中にアーモンドを加えます、ふわふわのケーキも食感を高めます。同時に、キャラメルとアップルとシナモン、このクラシックな組み合わせも、ケーキに画竜点睛の効果があります。

 

カプレーゼケーキウィズアプリコット
Caprese Cake with Apricot

南イタリアのカプリ島を発祥とします、同時にソレント半島とアマルフィ海岸地域よく見かけるデザートである。ABVのシェフは、最初のレシピを改良して、杏仁粉を加えて、そしてカットされたブルーベリーとアンズがデザートの視覚を豊かにさせます。ぎっしりな本体とふわふわの生クリームこそ、イタリア料理の饗宴の中欠かせない一環。

ライスキール"インディアンライスプリン
Rice Kheer” Indian Rice Pudding

お米は私たちが生活のために頼る食べ物の1つです。調理方法は非常に豊富で多様です。米プリンは世界各地ではさまざまな作り方、特色、風味があります。初期、小麦粉がインドに導入されなかったとき、地元の人々は牛乳、砂糖、チーズとハチミツなどを使用ってスイーツを作ります。インドでは伝統的なライスプリンが2つありますが、ABVシェフが選んだ地域で最も人気があるライスプリンは牛乳を使ってお米をゆっくりと炊き上げ、さらにシナモン、カルダモン、バニラパウダーと砂糖を加えたら最後にブルーベリーとブドウで飾ります。